世界一流を体験する

| コメント(0) | トラックバック(0)
違?う。
バルサは速いパスをテンポよく回すサッカーです。
バルサ流は次のアクションを考えトラップします。
バルサメソッド
バルサの戦術

今日から上の子のサッカーの合宿通称バルサキャンプ
に参加しています。上の子が。

バルサキャンプ
http://aslj.net/ja/news/20130228.html

バルサとは言わずと知れたFCバルセロナのことです。
バルセロナのコーチ(一応スペイン人)が来て
バルサと同じ練習を教えてくれるキャンプです。

練習を見ているんですが全く違います。
ある意味子供扱いしない大人な、本気な練習だし
駄目だしだなと感じました。

その中で印象的ななのは

「バルサ流」



「バルサメソッド」

を始め、バルセロナを植え付ける言葉が頻繁に
登場することです。

バルサとはどうあるべきか
どういうサッカーがバルサっぽく
どういうサッカーは違うのか

を頻繁に指導されます。

ドリブルをしようものならストップです。
チーム名もメッシ、イニエスタ、チャビなど
選手名です。


「ブランド」という安易な言葉は使いませんが
自分たちの境界線をくっきり持っているなと感じます。

そして頻繁に「バルサ」という名前を使うのです。
子供たちはそのたびにバルサを感じることでしょう。

ジャンルは違いますが、弊社でもある意味ユニーク
な商品で境界線をくっきりさせた方がよいものだと思っています。

ISO総研流、ISO総研メソッドなど名前はなんにしろ
ISO総研を意識させる部分はもっとあっても良いんだろうな
と感じました。

世界一流から単に息子が学ぶだけでなく私もしっかり学べたらと思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1080

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年5月 3日 22:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どうやったら異常感知を仕組み化できるか?」です。

次のブログ記事は「理解し実践できるスキルを磨く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ