車の運転で思うこととビジネスとの関連性

| コメント(0) | トラックバック(0)
車を運転していていつも思うのは

先頭を走る不安
後ろから追いかけられるプレッシャー
前走者がいる運転の楽さ

だ。

先頭といっても単純に信号から発信する先頭なだけなのに
なんとなく自分のスピード感はおかしくないか、遅過ぎないか
ということが気になってしまいます。

後ろから車が来ると

「もしかして遅すぎるかな」

とか気になります。
前走者がいるとほんとうに楽です。
前走者がトラックやバスやバイクだと不安ですが
乗用車だとほんとうに楽です。
同じ距離感を保ちながら進めば一応それなりに走れているんだろうな
という勝手な安心感があります。

ビジネスでも同じことが言えるんだろうと思います。
先行者は

「本当にこのビジネスはやっちゃって良いんだろうか?」
「今のところよくても、どこかでひっくり返るんじゃないだろうか」

と思うし
事業を追随、猛追してくる会社があれば、それは尋常ではない気持ちに
なるかもしれません。

ビジネスでも二番手は1番手を追えばよいので楽です。
1番手と同じ事をやれば1番手以上になるかはわかりませんが
ある程度うまく出来ることが保証されていると言えます。

車の運転をしている限り私が向いているのは、1番手をちゃっかり
追いかける2番手か、誰もいない道を自分のペースで走らせてもらうか
どちらかかなと思ったりします。

実際のビジネスのインプットとします。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/809

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年8月13日 22:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初体験する選択をする。」です。

次のブログ記事は「変わるから変える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ