2012年8月アーカイブ

四冠王を狙う

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日は2件の営業をさせていただき
お客様と社内のメンバーのお陰で1件の受注をいただきました。
ありがとうございます。

営業後に歩きながら、1件1件受注していくのは
イチローが200本ヒットを打っていく感じに近いのではないだろうか?
と思い始めた。

たかが1本のヒットだがその積み重ねで年間200本のヒットとなる。
1本足りなくても200本には到達しない。

200本を目指すのではなく1打席1打席ヒットを狙うことが大事なんだろう。

弊社の営業でも本当に似ている。
そういう意味で野球の言葉をビジネスに置き換えてみると
プロ野球の三冠王と争えることになる。

・ヒット本数は受注件数
・打率は受注率
・盗塁は単価アップ件数
・ホームランは新規認証のお客様の受注件数

今年のプロ野球の数字

・打率トップは西武の中島の.324
・ホームラン数はヤクルトのバレンティンの26本

・ヒット数は巨人の長野の136本
・盗塁は中日の大島で26

さてうちは3冠王または盗塁をあわせて4冠王を取れるだろうか?
狙える位置にいることは確かだ。

大リーグの数字もあわせてワールド4冠王を狙いたい。

よし!やるだけ!


会社のレベルは誰で決まるか?
トップかエースか?

残念ながら一番レベルの低い人だ。
一番レベルが低い人とは?
それは会社の中で一番最後に入った人、契約上関係性が薄い人
になる可能性が高い。

そんな中パートで働いてくださっているKさんに
200枚くらいある資料のコピーと印刷をお願いした所
すぐに取り掛かり20分としない間に発送処理まで済ま
せてくれました。

早い!

最近スピード重視していることを感じてくれているのか
頼んだ私もびっくりです。

契約関係がパートさんよりも濃い人(つまり全員だけど)
はパートのKさんよりは少なくても早く動く。
スピード重視でやったらうちの会社は相当早くなるだろうなあ
と考え、楽しくなって来ました。

期待してます。

よし!やるだけ!
「パチパチパチパチ」

ノートパソコンのキーボードを叩く音だと思ったら
どうやら電卓を叩く音だった。
音を発していたのは先ほどエクセルのデータの修正をお願いした
営業担当Oだ。

近すぎってくらいノートパソコンに顔を近づけ電卓を一生懸命
打突?入力していた。

もしかして!

「もしかしてエクセルの数字の合計を電卓で計算してる?」

と聞くと苦笑いして

「そうなんです。数字が合わないんです。」

いやいやいや。
コンサル部門は驚きの笑い。

「K君、教えてあげて」

早速SUM関数ボタンの使い方を教えさせた。

コンサル部門は驚きの笑いを発してたわけだが
彼らも実は数カ月前までほぼ変わらないパソコンの
スキルで、実務や基礎教育を受けた結果として
できるようになっただけだ。

弊社に来た時からできたメンバーでも習ったから
できただけで誰でも最初は「エクセル」を「マス」
で区切られた入力アプリくらいにしか使ってなかったはずだ。
しかしできなかった頃の自分はすっかり忘れてしまう
わけだ。

当然な話だが習ってなければできないのは当然で
逆に知ることが出来れば何ら変わりがないレベルにすぐに行き着くわけだ。

大事なことはできなかった頃の自分を覚えておき
他の人が

・何やらおかしな動きをしているな
・何でそんなに苦労しているんだろう
・なんかおかしいんじゃないか

と気がつき

・もしかして初歩的なことやってるんじゃないか

と仮説立て、早めに声掛けしてあげる事だ。
たった一つのボタンを知るだけで世界が変わる。
スピードが増す。

本来やるべきことに時間を使えるし
お客様対応だって早くできることにつながる。

今まだ覚えているできなかった頃の苦労した所
は覚えておき、それをどう克服したか、どう乗り越えたか
どんな顔をしていたか、

そんな仕草はないか

ぜひ気づいて会社全体のスピードアップに1つでもつなげて欲しい。

よし!やるだけ!

今日は7人の方と求人の面接をさせていただいた。
結論から言うと採用に至ることはできなかった。

弊社では人材を採用したいが採用できない。
一方で、求職者も仕事をしたい?が採用されない。
採用面接とは別にお客様先に1件お伺いしたが
やはり人材の採用・育成で悩まれているとのこと。

おそらく日本中で人材のミスマッチがあり
多くの会社で採用したいと思っており
多くの人が働きたいと思っていることだろう。

マーケティングの観点でいくと弊社も求人募集の会社も
ある意味間違っているのかもしれない。

多くの仕事を探している人がいるわけだから
そういった求職者を活かした事業が出来、さらに
儲けることが出来れば最強だ。

ただ求職者がその職種をやりたいかどうかが
またひとつの課題にはなるわけだが。

幾つかの事業の中にはその観点で事業を組んで
進めてみたい。

よし!やるだけ!

先週ないがしろにした一輪車の練習をしようと思い
一輪車を持つとタイヤの空気がないので、自転車屋さんで
入れてもらうことのした。
地域には何店舗か自転車屋さんがある。
しかし決まっていくのは1店舗だ。
その店舗に行くまでには2店舗の自転車屋さんを超えていく。

1店舗目はそもそも週末はお休みだ。
週末がお休みというだけならまだしもやっているかどうかも
わかりにくいくらいな感じだ。

先日試しにドアを開けてみたが閉まっていた。

2店舗目は中国人の人がやっている。
愛想はあまりよくなく、日本語がわかっているか微妙だ。
身振り手振りでタイヤの空気を一度入れたことがあるが
どうも居心地は良くない。

そして少し遠いが行きやすいのがテレビでもCMが流れる
ダイワサイクルだ。

広くて明るい店内と若い人がパキパキと対応している。
看板もドカッと上がってる。

うちの家の近くではきっと多くの人が近くの自転車屋さんを
飛び越してダイワサイクルに来るんだろうなと思う。

家の近くの自転車屋さんを反面教師に
ダイワサイクルを教師にして

自社は入りやすく、問い合わせしやすく、お付き合いしやすい
状態になっているか再度見なおそうと思った。

よし!やるだけ!
「維新」という言葉をつけた政治団体が
全国で増えているとビートたけしの番組でやっていた。
ゲストで出演していた齋藤孝さんは

「維新とはすべて変える的な意味合いがある。しかし
今の日本は決して全て変えなければいけないほど悪い
とはいえない。むしろうまくいっている所も多い。
中庸を掲げる政治団体があれば良いのに」

的な発言をされた。
さすが齋藤孝さん。維新という言葉の原点まで遡り
そこから展開して持論を持ち出す。

理想的なコメントなんだろうと思う。

何か物事を考えるとき、言葉の原点を「そもそも」
と立ち戻ると様々な発見があったり、今まで
思い込んでいた言葉と意味合いが違ったりするときがある。

弊社古江の「今日のテーマ」

も日々それを実践しているものだ。

ISOでも言葉の原点に立ち戻ろうと思ったら
「ISO9000」を見ると良い。

コミットメントとは?
レビューとは?
顧客満足とは?

ビジネスマンとして深みを持つために
曖昧な言葉をそのまま使うのではなく
意味合いを理解した上で使っていきたい。

よし!やるだけ!

不順な動機

| コメント(0) | トラックバック(0)
学校が夏休みなため、マンションの下の公園でラジオ体操
が行われている。
うちの地区は夏休みのはじまりの1週間と終わりの1週間
行われる。

始まりの1週間の初日に参加したときは相当の数の子供たちが参加していた。
どうやら目的はジュースのようで、ラジオ体操が終わると同時に狙っている
ジュースの取り合いになっていた。

そして昨日終わりの1週間として行われているラジオ体操に参加すると
6割が大人で子供の数は激減していた。

どうやらラジオ体操の後に配られるジュースが変わり、いわゆる
「チューチュー」1本が配られる状態になっていた。

動機の不純さが目につき変わったかか予算の関係か・・・・

動機の不純さが目につきと書きながら私は動機の不純さを否定するものではない。
大事なことは「行動」であり、目的を果たすために動機の不純・純は関係なく
達成される状態が重要だ。

予算の関係と書きながらこれもじつはありえない。
町会ではかなりの頻度で微飲み会が催されており、そんな飲み会の費用や
飲み代から考えると子供に配るジュースなどたかが知れたものであるはずだ。

町会の話なので、議論したり反論してもそもそも決定権が無いわけだから
あまり大きく異論を述べてもメリットがないのでネットに書く程度にするが
決定権、決裁権がある自分の組織では不順な動機をフルに活用し、ある意味
楽しく、実行力が高い状態で、会社にも働く人にもメリットがある形を作れたら
と思う。

よし!やるだけ!

朝令暮改

| コメント(0) | トラックバック(0)
7月に2012年の経営目標を上方修正した。
しかし7月は今年に入って一番悪い数字だった。
8月に入りお盆がアッとういう間にあけたが
情報修正した数字は一向に見えて来なかった。

ムムムム

敗北宣言。
2012年の経営目標を当初よりは高いが上方修正
した時よりもかなり下げることにした。

下げることを決定した瞬間、数字が動き出した。
しかもなにか軽やかなリズムに感じたのは私だけだろうか。

敗因
ストレッチ目標と思い到底届かない数字にしたが
逆にイメージができず、これまでの体制とのギャップも大きく
結果として前よりも弱待ってしまった。

もしかしてもう数ヶ月待っていたらストレッチ目標に届く
体制ができたかもしれないが、目標が達成されないまま
の中小企業の組織のムードはそれほど良いものではない。

目標を下げても達成できていて階段を上がっている感じになったほうが
雰囲気が良いなと思う。

目標のストレッチの加減、難しいものだ。

経営目標に関してはまさに朝令暮改となってしまったが
逆にこれができるのが中小企業の醍醐味でありトップダウンの
強さだと思っている。

悪いと思ったら真反対だろうと修正する。

過去ぜんぜん違うことを言っているけど一艘考えた結果で
そうしており、理由があるので、全て理解ができなくても
次の新たなベクトルで一緒に進んでいってもらえたらなと思う。

よく負けるトップですいません(謝るフリ)

日々朝令暮改を心がけます。

よし!やるだけ!

武蔵野の小山社長は「ある分野?の若い女性」
にいつも同じ質問をするとのこと。

同じ質問をし続けると「ある分野?の若い女性」
の違いがわかる。
違う質問をしてしまうと「違い」はわからなくなる。

同じ事をし続ける。
一見単純で簡単なようでいて、誰でもできそうだが
あまり出来る人がいないところを見ると実はそれは
難しいことなんだろう。

社長の役割も同じ事を言い続けることが大事とのこと。
従業員が

「ああ、社長がまた同じ事を言い出した」

と思うようになってようやく同じ事を言い続けている
と言えるとの事。

この難しい役割を私もチャレンジしてみたくなった。
しばらく、少なくても1年はある一つのことを言い続けてみたい。

何を言い続けるか?

今日決めました。
それによってどんな影響が出るか人体実験のごとく法人体実験
をします。そう思うとワクワクです。

よし!やるだけ!

p.s.
あ、よし!やるだけ!は社内に言い続けることじゃないです。

優しさは甘さ

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近気がついたことの1つとして
自分が決めた事業計画書通りにやらない甘さを社内のメンバーへの優しさという
自己正当化でごまかしているかもしれないということです。

誰でも人に厳しくしたくない。
誰でも人に嫌われたくない。


少なからず私もそんな気持ちがある。
そして関わっら限りは何とかしてあげたいという気持ちも
自分がしてしまった失敗(かもしれない)ことを
認めることができない弱さだろうと。

株で自分が買った株は必ず上がると思ってしまっている
損きりができない人と一緒だ。

人間的な優しさとビジネスで冷静な判断ができることは切り分けて
考える必要がある。

粛々と自分が決めたことを実行ができる実行力に磨きをかけたい。

まずは事業計画書通りの運用をやっていこうと思う。

よし!やるだけ!
ランチェスター戦略を勉強会で学ばせていただきました。
何度か本では勉強してきました。
ランチェスター戦略は重要視しており、事業計画にも
盛り込んでいるほどです。

読んでますか>社内

学ぶたびに思うのですが、やれていないことが多いな
と感じます。

そもそも自分の立ち位置がわかっていない。
競合についてもまだまだわかっていない。
市場についてもわかっていない。
競合やお客様に対する戦略が曖昧。

ただ逆に言うと何でもそうですが、一度で全て学べることもないし
全て実施できるわけでもない。

一度学んで終わりではなく何度も学び、その度にやれる事をどんどん
やり、またしばらくして学び、どんどんやりながらレベルを上げていく
しか無いのかもなと思う。

また会社の状況によっても学びになる所が違ってくる。
やることが変わってくる、戦略が変わってくる。

良いなと思うことは定期的に学び、実践すること、重要だなと思います。

良いなと思ったことは定期的に学ぶ計画を立てようと思いました。

よし!やるだけ!

来週、やろう

| コメント(0) | トラックバック(0)
月曜日の朝から勉強会に参加するために東京に前泊です。
上の息子が15時前ごろ

「一輪車の練習したいな」

と言ってきました。
18時の新幹線に乗る予定にしていたので、時間があるかないか
と言われたら1時間程度はあるわけですが、気持ち的にはすでに
仕事、東京モードで

「来週やろう、来週」

と軽くあしらってしまいました。
夕方の雨上がり、キャリーを持って家から出ると上の息子が
見送りに着いて来ました。
道すがら

「今日帰ってくる?」
「いつ帰ってくる?」

と仕切りに聞いてきます。

「今日は帰ってこないよ。」
「●●だよ」

と何気に話をしながら最寄り駅に到着。
ほとんど雨が止んでいたので、持ち帰ってもらうべく
息子の自転車に傘を置きました。

地下鉄の階段を降りて見えなくなった時に息子が

「バイバイ」

と声をかけてきました。
地下鉄の階段に息子の声が響きます。

「バイバイ」

と返しました。

中々後ろ髪ひかれることする息子です。
来週は一輪車の練習やろうな

よし!やるだけ!

正直何事も始めるのって苦手です。

本を読み始めるのも、仕事をはじめるのも、泳ぎ始めるのも
勉強し始めるのも、考え始めるのも、日記を書き始めるのも
人前で話し始めるのも

始め方、十人十色で何らかの仕組みを持っているのかもしれませんが
私の場合は、

ふと始める、こっそり始める、ダラーっと始める
ながら始める

という感じで、力まず、なだらかに、ソフトランディング気味に
始めます。自分に

「とりあえず5分だけやってみてつまらなかったらやめよう」

とか決めます。
今日は奥さんと子供たちが寝る寸前に本が届いたので、何気なく
開封し、そのまま読み始め、誤魔化し誤魔化ししながらなんとか
読みきりました。

途中からは仕事スイッチが入ってしまい、社内で

「大量メッセージ警報」

が出るんじゃないかという感じにメッセージ攻撃してしまい、すいません。

プールで泳いでいたら

「なんでそんなにうまく泳げるんですか?泳いでる時に意識していることとかあるんですか?」

と言われました。
私は私で必死に泳いでるだけで、呼吸も苦しいし肩の筋肉もどんどん
張るし、その割にスピードは上がらないし、くらいにしか思ってないのにです。

人から見たらスムーズに見えることでも本人なりの苦痛や苦手意識はあり
ただそれに対して向き合い自分と折り合いをつける方法を考えやれているかどうか
なのではないかと思います。

言い訳する自分を騙してどんどんやっていきます。

よし!やるだけ!

ヤンキーを見習う

| コメント(0) | トラックバック(0)
どうする?
という感じで7人くらいのヤンキーがコンビニの前に
自転車を止めてウダウダしていました。
髪は汚く染まっており、自転車の後ろに載っている
女の子はなぜかマスクをしていました。
確実に風邪を引いてるわけじゃないと思いますが。

そのうち一人が

「はよ行け、この時間がもったいない」

と言いました。
この言葉とともにヤンキーたちは何処かに自転車を
漕ぎ出しました。

ある意味田舎ではよくある光景かもしれません。
私はこの言葉を言ったヤンキー、やるな!と思いました。

なぜなら

うだうだしている時間の無駄さ

を知っているからです。
何も産まないウダウダしている時間は誰にでもあります。
しかしそれを無駄だと思い、動き出せる人と、
うだうだしたままの人がいます。

このヤンキーは前者で無駄を認識し動き出せるのです。
間違って動くとしてもウダウダしているよりは良い。

間違って動いたらとりあえず失敗する。
失敗したら違う方向に動ける。

それだけでも価値があります。

ヤンキーを見習ってウダウダしている時間を減らし
どんどん失敗しようと思います。

よし!やるだけ!
ふらふらとフェイスブックをサーフィンしていたら
面白そうな本が紹介されていました。

注文しようと楽天を見たら売り切れです。
アマゾンだったらあるだろうと思い
見るとさすがアマゾン!ありました。

ワンクリックで注文しようと思った瞬間
価格を3度くらい見てしまいました。
プレミアがついてなのか価格が7,800円だったのです。

本に7800円か。買うのに迷うなと
うだうだと20分ほどしたかもしれません。
他の本を買ってみたりした後にはっと気づ
いてしまいました。

「なんで7,800円に悩んでいるんだろう」

本の値段だと考えると確かに高いですが、
もっと無駄なものに散々お金を使ってきているのに
7,800円を惜しむ自分のいけてなさ。

それに気づかせてもらえただけでこの本は
買う価値があります。
ぽちっとアマゾンでワンクリック購入!
しました。

読む前に気づきを与える本、やるなあ。

自分のいけてなさに出会える機会を大事にし
自分を超えていけたらと思います。

よし!やるだけ!
普段クルマに乗らない、車を持っていない私が
レンタカーをして紛いなりにも大阪ー長野間を
走行できたのは、間違いなく

カーナビ

のおかげだ。
カーナビがなければはっきり行って何処にもいけない。
仮に道はわかっていてもカーナビが案内してくれない
と不安だ。
さらに到着時刻のイメージも全く着けられないことだろう。
道路は複雑で難解だ。

同じかそれ以上に複雑で難解なのがビジネスの場ではないだろうか。
外敵環境の変化、内的環境の変化、産業や市場の動向、競合の状況
が絡み合い、意思決定を惑わせる。

ビジネスにおいてもカーナビは必要だ。
ではビジネスの場でのカーナビとはなんだろうか?

それこそ経営計画書だろう。
外敵環境、内的環境、産業や市場の動向、競合の状況があれども
中小企業においてはどうでもやりようはある。
むしろ意思決定がされないことが問題であり、目的地が設定されて
いないことの方が問題だ。

経営計画書がカーナビだとすると経営計画書に盛り込まれる要素
も考える必要がある。

・目的地が決まっている必要がある。
 ビジネスにおいては利益が1つの目的地となり得るし
 弊社であれば累積のお客様数が一番わかり易い。

・目的地に行くためのルートも決まっている必要がある。
 年間のスケジュールが決まっており、その通りに
 できるようになっていることが大事だ

・変化があるときの基準が決まっている必要がある
 昇給や昇進や採用の基準
 目的地の達成状況による目的地の変更やルートの変更をするための
 基準

上記を含む意思決定に関係する基準が盛り込まれている必要があるだろう。

そして最も大事なことはカーナビのとおりに運転する実行力だ。
カーナビを備えてもその通りに運転しなければ絵に描いた餅
となる。

カーナビに比べると弊社の経営計画書は稚拙も良い所だ。
カーナビに負けない精度を目指して経営計画書を作りこみ、
粛々と実行する実行力を大事にしたい。

よし!やるだけ!

変わるから変える

| コメント(0) | トラックバック(0)
「あ、いた」

上の子(6歳)が田んぼにいる蛙を見つけては足が汚れることを
考えることなく突き進み、捕まえる姿を3年前の姿を知っている
人が想像できるだろうかというくらい変わった。

人見知りが激しく、何事も消極的、虫は怖い、植物でも怖い
内弁慶な子でした。

それが今では

「みんなー」

と知らない人に向かってよく叫んでいます。
虫もドシドシ触るし、知らない人とも積極的に混じって遊びます。

親が何かのきっかけを作ったかと言われるとそうかもしれないですが
それよりも子ども自身が変わった方が大きい気がします。
だからといって子ども自身が積極的に変わろうと思って変わったわけではなく
年齢とともに状況が変わり、変わったんだろうなと思います。

数年経つと子供の様子は変わるのがある意味普通かもしれません。

一方、大人はどうでしょうか?
ほとんどの人が人間が形成され

「あの人は変わった」

と言われる人は少ないのではないでしょうか。
しかし決して「0(ゼロ)」ではなく、そういうい人は
自ら変えた人でしょう。

大人になると自然と変わることはほとんどなく、むしろ
変えようと思わない限り変わらないことでしょう。

上の2つから言える一つの仮説として

大人は自らを変えようと思わないと変わらない
大人で変わったとみられる人は自ら変えようと思った人だろう

ということです。
逆に変わりたくない人はひたすら変わらないことでしょう。
変わることが大事だと言っているわけではありません。
大人が変わるには変わろうと思う必要があるということだけは
知る必要があるのではないでしょうか。

私はまだまだ変わりたい人なのでどんどん変えていきます。

よし!やるだけ!
車を運転していていつも思うのは

先頭を走る不安
後ろから追いかけられるプレッシャー
前走者がいる運転の楽さ

だ。

先頭といっても単純に信号から発信する先頭なだけなのに
なんとなく自分のスピード感はおかしくないか、遅過ぎないか
ということが気になってしまいます。

後ろから車が来ると

「もしかして遅すぎるかな」

とか気になります。
前走者がいるとほんとうに楽です。
前走者がトラックやバスやバイクだと不安ですが
乗用車だとほんとうに楽です。
同じ距離感を保ちながら進めば一応それなりに走れているんだろうな
という勝手な安心感があります。

ビジネスでも同じことが言えるんだろうと思います。
先行者は

「本当にこのビジネスはやっちゃって良いんだろうか?」
「今のところよくても、どこかでひっくり返るんじゃないだろうか」

と思うし
事業を追随、猛追してくる会社があれば、それは尋常ではない気持ちに
なるかもしれません。

ビジネスでも二番手は1番手を追えばよいので楽です。
1番手と同じ事をやれば1番手以上になるかはわかりませんが
ある程度うまく出来ることが保証されていると言えます。

車の運転をしている限り私が向いているのは、1番手をちゃっかり
追いかける2番手か、誰もいない道を自分のペースで走らせてもらうか
どちらかかなと思ったりします。

実際のビジネスのインプットとします。

よし!やるだけ!
今年の盆休みの帰省は初めて車で帰ることにしました。
これまでは飛行機、電車と体験してきましたが、車での
帰省はありませんでした。

毎年ニュースを見ているとすごい交通渋滞の案内があり
絶対車での帰省が大変だろうと考えているのですが
それもやってみないとわかりません。

親には大反対されました。
普段乗らない車を長距離で乗るのは危険だ
とのこと。

費用も概算では一番かかるかもしれないと思っています。

事前の試算はありながらも最終的にはどうなるかわからないので
体験してみるのが早いと思い、今回初体験に踏み切りました。

行きは混雑や慣れも考慮して滋賀で1泊して明日長野にはいる予定です。
確かに渋滞にも会いましたが、今のところ私以外は快適な旅行のようです。

私はどうかと言われると案外嫌ではありません。
確かに車を運転し続けるのは集中力はいりますが、それでも
思ったより負荷は感じずに来れています。
後は明日無事長野に到着できれば。

41歳での初体験。
日々新たな体験をするための選択をしていけたらと思います。

よし!やるだけ!

1からやり直せるか?

| コメント(0) | トラックバック(0)
息子のスイミングの後に今お世話になっている不動産屋さん
にお会いしました。
私よりも少し若いですが世代はほぼ同じで不動産屋さんぽく
ない不動産屋さんです。

何回かお話を聞いているとどうやら前職はある会社の役員だったようで
役員を辞め、1営業マンからやり直しているとのこと。

営業マンが8人いたとのことなので、ある程度の規模の役員だったことでしょうけど
それがまた叩き上げの1営業からやるということはすごいことだなと
思います。

一昨年、ある意味1からやり直しくらいの勢いで事業を転換させましたが
肉体的にも精神的にも相当きついものがありました。
ただ私の場合は、会社をやり直したわけではなく事業をやり直したわけで
基盤が0かと言われると若干ながらもある中でやっていたわけです。

会社をやめてやるとなるとそれは並大抵のことではないだろうと
思います。

しかし彼は逆に

「やめてよかった。1営業マンの気持ちを忘れていたし、次は忘れないで
先にすすめる」

とのこと。
いろんな出来事を受け入れ前向きに取り組める人、そんな人は
はまた同じくらいの一まで行けるんだろうと感じました。

社会に出たら予期せぬことが起こるもの。
結局起こった事象を受け入れ先に進むしかないです。
私にもまだまだ予期せぬ出来事が起こりえると思いますが
素早く受け入れ、どしどし、ガシガシ前に進めればと思います。

よし!やるだけ!
家のトイレには「中小企業の成功戦略13ヶ条」が貼ってある。
見ようと思わなくても他にすることがないので自然と目に入るようになっている。

今日目に入ってきたのは

「本業に集中して投入せよ」

だ。
今のうちの会社にとって本業はISOやPマークの運用代行だ。
しかしそれ以外にも2つほど事業を動かしているし、今後も
動かす予定だ。
うちの会社の強みは、マーケティングだが本業ではない。
ISOやPマークに関しては確かにできるが、別に同じことを
出来る会社は沢山あるし、技術的なことでいえば決して
最高レベルでもない(決して低いレベルでもないが)。

もう少し絞り、私の本業や得意分野ってなんだろうと考えてみた。
マーケティングはある意味好きだが、理路整然とできるかと言われると
感に頼る所が大きいので本職ではない気がする。
古江さんを見ていたら決して敵わないなといつも思うし。

経営?
うーん、そんな曖昧なものが得意とはいえないだろうし
それこそ多くの諸先輩に失礼だ。

得意かと言われるとわからないが
やるべきこととなるとある意味役割は明確かもしれない。
1つは新規事業の立ち上げから軌道に乗せるところまでの
イメージと実装なのかなと思う。

会社的にも今はほぼそんな役割だし。

ということで今日目に入った

「本業に集中して投入せよ」

を勝手に新規事業の立ち上げから実装、軌道に乗るところまで
とし、どんどん立ち上げ、どんどん実装し、どんどん起動に乗せて
行けたらと思う。

逆にそれ以外は本業ではないからどんどんやらないようにすることが
大事なんだろう。

本業に集中し、非本業を手放す。

よし!やるだけ!

化粧は大歓迎

| コメント(0) | トラックバック(0)
「ネイルやっても良いんですか?」

社内のある女性から同行時に軽めに相談された。
私も軽めに

「別に良いんじゃない。」

と発言した。
もう少しちゃんと考え方を書いておいたほうが
良いかなと思ったので書いてみる。

ネイルも含め化粧は大歓迎である。
そもそも化粧をするということは
自分をよく見せよう、綺麗に見せよう
とするための活動であり、決して
人に悪い印象を与えるためのものではない。

また自分をよく見せたいというのは
上昇志向の現れだ。
現状に満足せずよりよい自分を目指す活動となる。

つまり化粧をすることは大歓迎となる。

ただしいくつか注意することはある。
まず自分をよく見せようとするための活動だから
他人が見て「綺麗だな」と思うものでなければならない。
自分の好き嫌いではなく、プラスに働く状態を
仮説立て、またはプロに相談しやる必要がある。

もう一つは、場面によって「綺麗」の定義
は変わってくるということだ。

ビジネスシーンで「綺麗」と映るものと
夜のお店で「綺麗」と映るものと
海で「綺麗」と映るものと
男性が見て「綺麗」と映るものと
女性が見て「綺麗」と映るものと
年配の人が見て「綺麗」と映るものと
若い人が見て「綺麗」と映るものと

当然うちで求められるのは一番最初の

ビジネスシーンで「綺麗」と映るもの

である必要がある。
その前提であれば本当にネイルを含めて化粧は大歓迎だ。
人と同じ事していても人と同じところまでしかいけない。
ぜひ人より綺麗になってほしい

他人をもっと意識し、自分を磨き、今以上に
上昇してほしい。

よし!やるだけ!
自分でやったほうが早い病

知人のフェイスブックに上がっていたので
読んでみました。


一言で言うと
禁煙セラピーという本が禁煙者へのセラピー本なら
この本は人に任せることができない人へのセラピー本
だなと感じました。

タイトルがすでにわかりやすいですよね。
病の状態や原因や改善策について書かれているんですが
この本、「自分がやったほうが早い病」についてだけでなく
引用されている言葉で良い物が多く、タイトル以上に中身
が素晴らしかったです。

「障害者の人達を助けるためには、お金を寄付することよりも、
 働く機会を作ることのほうが大事であり、仕事がある事自体が
 一番の幸せである。」

「植えている人に魚をとってあげれば、1日は食べられるけれど、魚のとり方を教えれば
彼は一生食べることができる」

3つの幸せ
・してもらう幸せ
・自分で出来る幸せ
・してあげる幸せ

人を育てるというのは、水の中に向かって字を書くようなものだ

小善は大悪に似たり、大善は非常に似たり

しつけの三原則
「朝、きちんと挨拶をさせる」
「『はい』とはっきり返事をさせる」
「靴を揃え、椅子を入れる」

部下を育てる余裕がないということは、未来は必要ないと言っているのと同じです。


自分でやったほうが早い病の人だけじゃなく
自分の仕事の仕方を見つめるにはすごい良い本だな
と感じました。

まだ私の中にも「自分でやったほうが早い病」が残っている部分があるので
病を完治させようと思います。

よし!やるだけ!
「●●やりたいんだよな。仕様書ないの?」

先日お客様からふと言われた。
価格はあったものの具体的な仕様書はなかった。

おそらく日々お客様がふと言葉を発信することがある。
そのつぶやきに耳を傾けニーズだと認識し動けるかどうかが
新たなビジネスの成否に関わるのではないだろうか?

そしてリアルのつぶやきというニーズからうちの
条件にあったビジネスモデルに商品化し、仕様書を書き上げる。

後はどれだけスピード感を持ってやれるか。

三木谷さんの書かれた本

成功のコンセプトの1つは

「スピード!スピード!スピード!」

成功のコンセプト

多分楽天だったらとっくに送って提案していることだろう。
平和ぼけしている自分にスピードという
絶叫こそ必要。

絶叫するほどのスピード、出します。

よし!やるだけ!
身の回りの人を見た時にどんな人がいるだろうか?
その人は自分にとってどんな人だろうか?
何の影響もない人だろうか?
何らかの影響がある人だろうか?

社会人にとって大事な人という側面で考えた時
自分を伸ばしてくれる人の存在が一番ではないだろうか?

自分を伸ばしてくれる人は伸ばしてもらえる反面
決して一緒にいて居心地が良いとは限らない。
むしろ居心地は良くない事のほうが多い。

自分が伸びるということは今いるところから
今いないところに行くわけだから未知の世界への恐怖
も伴うし、物理的心理的なストレスもかかることだろう。

自分はいごこちの良い人とばかりいて自分を伸ばす人と
時間を共にできているだろうか?

自分の居心地の悪さを求めて自分を伸ばす人を探したい。

よし!やるだけ!

2割削減し、2割増やす

| コメント(0) | トラックバック(0)
がっちりマンデー!

でHISのトップでハウステンボスを立て直した沢田社長が出ていました。

がっちりマンデー!

澤田秀雄

ハウステンボスはこれまで赤字が続いていましたが澤田社長が
引き継いだ後は半年で黒字化したとのこと。

黒字化させられた方法は色いろあるようですが、私が一番響いた言葉は

「経費を2割減らして売上を2割増やして黒字にならない会社はない」

です。
2割という数字が絶妙なんだろうと思います。
2割ならなんとかできそうですが、3割となると心理的にハードルが上がる気がします。
しかしよく考えると2割ではなく、4割コントロールされていることになります。

ジェイ・エイブラハムのDVDでも学んだとき
売上を2倍にするには

顧客数と単価と頻度を1.26倍にすれば良い

という言葉がありました。

100?100?1=10,000
126?126?1.26=20,003

2倍は難しく感じても顧客数を100人から126人にするのは
意外と簡単にできそうに感じますし多分簡単にできることでしょう。
単価や頻度でも同じようにそれほどハードルは高く感じません。

経営を知っているとはこういう絶妙の数字を知っていることも
重要な要素の一つではないかと思います。

今日新たに知った2割減らして2割増やすを実践できたらと思います。

よし!やるだけ!

1.26倍もやりたいです。

よく学びよく遊べ


という言葉がある。

正式な解説は辞書に任せるとして

私なりになぜ、よく学びよく遊べか考えてみた。

多分大事なことは

 

「よく」

 

なのではないだろうか。

単純に


学び、遊べ


ではない。


「よく」学び、「よく」遊べ


 だ。「よく」ということは、英語にすると「better」

今以上に良くなるように遊び、今以上に良くなるように学びなさい

ということが1つある。

またこの「よく」を「欲」と捉えると

学びに欲をだし、遊びにも欲をだす

と捉えることもできる。

欲を出すということはそこに改善的な要素が入ってくる。

何れにしても単純に


遊び、学べではなく「よく遊び、よく学べ」


だ。学ぶなら怒涛のように学び、遊ぶなら尋常じゃない遊び方をしろ


ということだろう。


今以上によく学び、よく遊びたい


よし!やるだけ!

自分はどう見られているだろうか?
プラスのイメージよりもマイナスのイメージがここでは大事かもしれない。
マイナスのイメージとしてどう見られているだろうか?

私の場合だと

・怖い
・怪しい
・何者?
・無愛想
・付き合いが悪い
・厳しい

とかだろうか?
当然プラスの見え方もゼロではないと思っている。
しかしプラスの見え方は重要ではない。
大事なことはマイナスの見え方を理解した上で
自分でそのマイナスイメージをどう払拭していくか
ではないだろうか。

上級者になったら逆にマイナスの見え方を意図的に
利用することができるだろう。

プロのボクサーがパンチを意図的に相手に振らせるように
面白い漫画で多くの伏線が置かれているように

出発点は自分のマイナスの見られ方だ。

それを自分で認識しその上で人と接すると
相手との関係は変わってくることだろう。

もっと相手からの見え方を意識し、人と接するようにします。

よし!やるだけ!
他社の経営計画書を見ていたら新規事業に関する方針が出ていた。

・3カ年のプロジェクト計画を作ること
・事業の選択に関する方針
・損益終始ラインを3年で超えること

が書かれていた。
漠然とは数字イメージはあったがプロジェクト計画と言うほどのものはなかった。
新規事業も軌道に乗りつつあるので、早速プロジェクト計画
の作成に取り掛かり始めてみた。

どこまでその通りになるかわからないが、計画は現実との
ギャップを知り、それを埋める課題を把握し、対策を取ることが大事
と言われている。

精緻な新規事業のプロジェクト計画を作成し
将来ギャップを認識することで課題を浮き彫りにし
更なるステップを踏めるようにしたい。

よし!やるだけ!

賢者化

| コメント(0) | トラックバック(0)
賢者の商品
賢者の改善

会社の様々なプロセスは賢者化できるのかもしれない
と昨日日記を書きながら思いました。

例えば
■賢者の営業
反響営業は基本的にお客様からのアクションがあって
する営業なので飛び込み営業よりも効率的になる。

■賢者の採用
入ってくださいではなく入りたくなるように会社の
環境を整え、見える化する。

■賢者の育成
どんな人材でも成長させられる

■賢者の財務
お金に困らない財務、未来の予測性が高い財務が
そうかもしれない。

■賢者の新規事業開発
成功要因をベンチマークしているので失敗確率が
低く、全体的に賢者化を最初から意識してできているため
立ち上げも早い。

■賢者のビジョン
組織の中の全員に伝わりやすく意識しやすい状態。

賢者化という言葉を会社のプロセスに当てはめることで
プロセスはどうあるべきかのベクトルを出しやすくなる。

賢者化を意識しながら各プロセスがどうあるべきか
のベクトルを決められたらと思う。

よし!やるだけ!
アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ