営業される側はいろんなことが気になるものだ

| コメント(0) | トラックバック(0)
今、あるものに関して二人の営業マンとお付き合いしています。
どちらかと言うと営業されることより営業することのほうが圧倒的に
多いのですが、営業される側になると大きなことから些細なことまで
気になるものだなと感じます。

・営業マンの年齢
・乗ってくる車
・営業マン自身
・車の中での話
・子供の扱い
・他社への言葉
・ホウレンソウ
・営業方法
・クロージング
・経験
・スキル

扱われる商品が同質であればあるほど対応する営業に受注が依存するんだろう
と感じます。

うちの場合は同質ではないことが多いですが、それでも各担当者、各営業マン
によって買う・買わないが決まることもあるでしょう。

売る側ではなく、買う側であるときに少なくても自分が様々な場面で
どう思うかを記憶し、自分の営業に行かせたらと思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/779

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年7月15日 23:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CMに出ている女優には意味がある」です。

次のブログ記事は「人体実験の結果、どうなるか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ