設計図なくプラモデルを作る人

| コメント(0) | トラックバック(0)
小学校の頃、よくプラモデルを買ってもらいました。
しかし親の言うことも聞かず設計図を見ずにどんどん
部品をちぎってしまい、結局買ってもらったプラモデルは
ほとんど完成させたことがありませんでした。

うちの従業員の仕事の仕方を見ていて

日々の仕事で日々のスケジュール、作業段取りをせずに
仕事をするのは設計図なくプラモデルを作るようなもの。
完成するかもしれないが、設計図を持っている人や設計図
通りにやる人の10倍は時間がかかることは間違いない。

我に置き換えて

もう一段上がって
会社経営で事業計画書なく、経営するのは、設計図なく
プラモデルを作るようなもの。
成功するかもしれないが、成功への再現性は保証できない。

逆に設計図が出来ればプラモデルは完成する。
精緻な事業計画書が出来れば、実行していければ成功する
確率は非常に高くなる。

精緻な事業計画書を作るのはかなりめんどくさいし手戻りも多いし
最初からうまくもできないが、設計図なくプラモデルを
組み立てるよりはうまくいく可能性が高いだろう。

弊社であれば折角県別規格別の件数が推移で見ることができるわけだから
目標達成時の県別規格別件数の状態をイメージしてみて良いはずだ。

そうでなければ最低限、規格ごと、県別に何件ずつ増えるのかの
計画はあっても良いだろう。

そしてそれに基づく戦術と日程確保。

プラモデルの完成した絵と設計図をもっと精緻に作りたいね>古江さん

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/773

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年7月 9日 23:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「次打つ手を決めておく」です。

次のブログ記事は「自分の逃げ道をなくす」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ