次打つ手を決めておく

| コメント(0) | トラックバック(0)
MG研修からの学びでもう一つ忘れないうちに書いておこうと思います。
それはこれから先の意思決定を決めておく事の重要性です。
MG研修では経営者の仕事はとことん意思決定だということを思い知らさ
れました。
意思決定ができるとうまくいきますが、意思決定ができないとだめ。
意思決定を行えるチャンスを作るためには少なくても自分の意思決定は
事前に決めておき、意思決定できるタイミングで正解か不正解にかかわらず
素早くやるようにすることです。

最近はもう一つの事業に関して少し現場に戻りつつあるため経営に関する
意思決定が弱まりつつあり、気をつける必要があると感じました。

現場に出ながら経営者をやるときにはこのへんのバランスが難しいし
たいていうまく行かないんだろうなと思います。

しかし中小企業ではある程度現場を持ちながらも経営てkな意思決定
をしていく必要があります。
そのためには、経営に関する意思決定を事前に決めておく必要があるんだ
ろうと思います。

最低限1年分の意思決定、理想的には5年分の意思決定を決めておき
月1回程度見直すという感じかもしれません。

経営者に残る最後の仕事の意思決定にもっと拘り、意思決定回数をどんどん
上げていけたらと思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/772

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年7月 8日 23:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「KKKY」です。

次のブログ記事は「設計図なくプラモデルを作る人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ