うまくいっちゃったのか、できたのかで大違い

| コメント(0) | トラックバック(0)
久しぶりに

「心のブレーキ」の外し方?仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー?

を読みました。
定期的に読みたい本の一つです。
この本の好きな部分の1つに

「感謝をしたら行動に移す」

というのがあります。
感謝というのは能動的ではなく受動的。
誰かから何かをされ、自分が感謝をした。
受動的なものは能動的な行動に変えることで
初めて自分のものとなる

的な事が書かれている(正確じゃなくすいません)。

これをそのまま成功に置き換えても同じことが
言える。
成功させられた、または偶然うまく行った場合
受動的なのでどうやったら成功するかがわからず
もう一度成功しようと思ってもできない。
宝くじにあたったと同じレベルで成功しちゃった
だけということになる。

一方偶然にしろうまく行った結果を振り返り仮説立て
検証も含め新たな成功への行動をした時に初めて
成功するための何らかのノウハウを手に入れたことになる。

うちの状況として、他と比べることは難しいが比較的
うまく回っている感じはある。
しかしこれが一過性であれば、一発しか当てることができない
芸人と一緒だ。

まだまだ既存の会社のレベルアップを図りながらも、今の
うまく行っていることのノウハウを自分のものとすべく
仮説検証し、何度でもうまくいく事ができる何らかの
ノウハウを手に入れた時、初めて成功といえることだろう。

たまたまうまく行っちゃった状態からうまくいくための行動の結果として
うまくいくようになれるようにもっと仮説と行動の量を増やしたい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/767

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年7月 3日 23:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ご褒美は用意できてるか」です。

次のブログ記事は「行入と理入」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ