人望があるってすごいことだ

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日は東京で2年前からお付き合いしているスーツ屋さんの移転パーティー
に参加してきました。
小雨の中にもかかわらず30人以上の方々が来られていました。
しかも男性は全員スリーピーススーツです(笑)。

私がおしゃれだという人がいますが、実は私はそのかたが言われるがまま
着ているだけだったりします。

このスーツ屋さんの素晴らしいところは、スーツは当然素晴らしいのですが
お会いした時に本当に心地よい空間を作ってくださることです。

私という「人となり」を理解しようとしてくださり
何事もプラスに、前向きに捉え、寛容です。

ではこの方は完璧かというとそんなことはありません(笑)。
今日のパーティーでの司会の締めの言葉は

「今日の天気は○○さんのスーツの納期のように中々定まらない小雨ですが・・・・」

です(笑)。
納期に関しては発注してからいつ届くか全くわかりません。
早い時もあれば、そろそろかな?と思い続けて数ヶ月経つときもあります。

普通の私でしたら「納期くらい連絡するもんでしょ」とカリカリ
するところですが、このスーツ屋さんだと、
「待っている期間もスーツ屋さんと付き合っているもの。」
と思えてしまうのが不思議なところです。

それ以外にも細かいことを言えば多々あるでしょう。
しかし、そんなマイナスがあってもそれを受け入れ、付き合ってみたい
と思われる人こそ人望がある人だなと思います。

人望がある人は完璧な人間を目指すのではなく自分自身のできるところと
できないところを理解した上で自分らしさを磨き上げて言っている人なんで
はないだろうかと感じました。

おそらく今日集まった方々はそんなスーツ屋さんを受け入れてきた
寛容な方々であり、磨き上げられた世界に魅入られた人なんだろうと思います。

スーツをお願いしながらも同時にこのスーツ屋さんのような人望
を磨くためにまだまだお付き合いさせていただきたいと改めて思いました。

完璧な人間を目指すのではなくらしさをもっと磨きあげていきます。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/765

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年7月 1日 21:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現地現物の大事さ」です。

次のブログ記事は「ご褒美は用意できてるか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ