現地現物の大事さ

| コメント(0) | トラックバック(0)
年度末に引越しを実行すべく、今日は具体的に不動産物件
を見に行ってみた。
最近奥さんが不動産を含め家のイベントに関する段取りを
ドシドシしてくれるので非常に助かる。

ありがとう>奥さん

業者さんに迎えに来てもらい、条件を出してあった物件
を見させていただいた。
実際に見た感想としては

私も奥さんも微妙に条件の見直しをする必要がある

ことがわかった。
また物件を探す時の優先順位も教えていただいた。
まずは場所を決めなければいけないようだ。

正直場所こそ一番こだわりがなかったので、一番
難しい課題を最初に突きつけられた気もした。

実際に引っ越すかどうかもまだ定かではないが、やっぱり現地現物
を見ないと始まらないということがよくわかった。
そして業者=専門家と仲良くなり色々と教えてもらいながら
学んでいく。

仕事でも同じことが言える。
知らない業界のお客様とお付き合いするときはお客様=その業界の専門家
から業界のこと、その会社のことを教わりながら、仲良くなり
色々と教えてもらうことでビジネスの引き出しを増やしていく。

仕事でもプライベートでも現地現物の大事を認識して
やっていきたい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/764

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年6月30日 23:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「残念ながら計画通り」です。

次のブログ記事は「人望があるってすごいことだ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ