思考、行動、実現

| コメント(0) | トラックバック(0)
社内外の人と話をしていて最近思うことの1つとして

今その人がそのステージにいるのはそのステージの思考だからなんだなあ

ということを突き付けられます。
そしてその思考による行動だからこそ実現される現実がある。

もう一つは実現したい現実が弱いため、思考が機能せず行動
に至らない。

その思考に触れるたびに、尋常ではない危機感を感じます。
なぜならステージが上の人から見たら、

「ああ、まだまだそんな思考なんだ」

という感じに見えるんだろうなと思うからです。
見栄っ張りの私としてはそう見られる事自体が居てもたっても要ら
れません。

私自身が今のところで甘んじているのもまだまだ実現したい現実
のイメージが弱いことにより思考が機能せず行動に至れていないと
ころがあるんだろうと思います。

日々の業務に邁進することに逃げることなく実現したい現実イメージ作り
と向き合う必要があるんだろうと思います。

今日ちょうど大前研一さんの言葉がfacebookに出ていました。
以下引用
───────────────────────────────
人間が変わる方法は3つしかない。
1番目は時間配分を変える。
2番めは住む場所を変える。
3番目は付き合う人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。
最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。
───────────────────────────────
以上引用終わり

この言葉に出会ったのはまさに時間配分を帰ろということだと考え
実現したい現実づくりにもう少し配分します。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/762

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年6月29日 00:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分で緊張感を創りだしてこそ仕事は楽しくなるんじゃないだろうか」です。

次のブログ記事は「残念ながら計画通り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ