信じた事を忠実に圧倒的なレベルで

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日はアプロ総研の李さんの会社法人化サプライズパーティーが
催され、私も参加させて頂きました。

アプロ総研

主催者は私も面識がある方で、バカでも年収1000万の伊藤さんの
信奉者の方(女性)です。

バカでも年収1000万

文字でこのサプライズパーティーの凄さを伝えるのは非常に難し
いのですが、正直凄かったです。

その主催の方にどなたかが

「なぜサプライズパーティーをやったんですか?」

とお聞きしたら

「人に貸しを作ってみました」

とのこと。
そう言われた瞬間、正直雷に打たれた気持ちになりました。
それってバカでも年収1000万に書かれたことで、書かれていた
言葉だと気がついたのです。

そうです、この人はバカでも年収1000万の信奉者なので

・そこに書かれていることを忠実に、
・そして中々ここまでやらないだろうという圧倒的レベルで

実施しただけでした。
貸しなので正直戻ってくる保証はないですが、そこに参加していた人
がその徹底度には驚愕したことでしょう。

ちなみにこの信奉者の女性は年収1000万どころではないほどお稼ぎ
な方です。

私も初心に帰り、色々なノウハウに目移りするのではなく言葉尻り
まであわせて実施しようと思いました。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/752

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年6月19日 01:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本対オーストラリア戦の審判は正しいから始める」です。

次のブログ記事は「仕事を楽しむことはスキルである」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ