戦闘から戦術の基盤づくりへ

| コメント(0) | トラックバック(0)
講演の準備をまだしています。
商品についての話の後にはマーケティングの話をしようと考えています。
過去にマーケティングの話を簡単にまとめてはいたものの、改めて整理
し直すと、それはそれで発見があり、資料を作りながら自分が一番勉強に
なっているなと感じました。

話にリアリティをつけるために弊社のリアルデータも参照すると、これまで
ザーッとしか見ていなかったデータも細かく見る事にもなり楽しさ倍増です。

講演の準備をしていて気がついたこととすると、うちの課題としては
戦闘レベルの戦闘員は多々いるんですが戦術レベルになるとまだまだ
私と古江が中心になってしまっているということがわかります。

それは私と古江の手放し度が弱いところもありますし、課題の認識も
弱かったところもありますし、戦術の面白さをまだ理解してもらえていない
ところもあるんだろうなと思います。

今年の目標も上げたことなので、そろそろ私と古江も戦術レベルも
社内の継承させていき、会社の基盤を強くすべき時期なのかもしれないな
と感じました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/747

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年6月13日 22:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分の発想の根源に迫る機会を作る」です。

次のブログ記事は「どうするか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ