VS 「TPNS」 スポーツジム

| コメント(0) | トラックバック(0)
「TPNS」という全国展開しているスポーツジムでの
ベビースイミングが終わり、ドライヤーを使おうと思ったら
スタッフから

「ベビースイミングのお客様は使えないんです」

と指摘を受けた。
なるほど、確かにベビースイミングは正規会員ではない。
シャワーも使えないしロッカーも別だ。
まあそれは良いとして、ドライヤーもか。

じゃあ夏場は良いとして冬場もベビーはタオルドライ
の半乾きで外に出ろと言うことか。

と「やんわり」伝え、店長をお呼びいただくよう
に「やんわり」懇願した。

・ベビーがドライヤーを使えない事はおかしいのではないか

ということを店長に「やんわり」お伝えすると

「そうですね。来週までに専用のドライヤーを
用意します」

やさしい店長ですぐに対応をご決意して下さいました。
ベビーがドライヤーを使えないおかしさにこれまでだれも
気づかなかったんだろうか?

それと設置は設置で良いのですが、この流れも私は実は
おかしいと感じてしまいます。

ルールを「ベビースイミングでも使える」に変更すれば済む話
なのに、今日時点の話だと新たに設置するようだ。
今あるルールをすぐに変えられないのであれば今の店舗だけでも
ローカルルールで対応すればよいのではないでしょうか。

ルールが決まっているとルール通りにする事が確かに大事だ。
しかしおかしさに気づいたら直せることも大事だ。
ルールに縛られルールを厚塗りするとルールが形骸化し始める。

今のISOやPマークでは多くの会社でこんな事が起こってるんだろう
と感じた。

来週果たして
・どんな対応がされているのか
・されていないのか
・ルールのおかしさに気づくのか

ベビースイミングに行く楽しみが一つ増えた。
よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/722

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年5月19日 22:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ないようである言葉の壁」です。

次のブログ記事は「大道芸から学ぶお客様との接し方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ