現場でリアルに、丁寧に、積み上げられた成功法則

| コメント(0) | トラックバック(0)
反・学歴の成功法則

知人で大学講師として活躍されている関下さんが本を出しました。
若干遅ればせながら拝読させていただきました。

一言でいうと

地に足の着いた成功法則

だなと感じました。
まずビジネスマナーの講師ということもあり
ビジネスマナーの所作が繊細です。
例えば

見えるお茶くみよりも見えないお茶くみ

とは、お茶くみはお茶を出すときよりも
お客様がかえられた後が大事とのこと。
具体的な内容は本書に譲りますが、一つ一つの
仕事を目的までさかのぼり考えればわかることですが
そこまでしていないのが普通の人で、関下さんは
そこまで考えたから成功できたという典型的な例
なだと感じました。

地に足の着いた「感」としては事例が豊富で多くは
関下さんの失敗例に基づき書かれています。

今や大学の講師までされる関下さん
お会いするとパキッとしたキャリアウーマンの
代表のような方です。
そんな方の失敗した例だけに多くの人が勇気づけられる
ことでしょう。

関下さんは高卒なのに大学院に入ってその後大学で学んだことがないのに
大学で教えているという異色な経歴をお持ちです。

私が一番好きなフレーズは「はじめに」のところの

「30年間の経験をもとに『大卒を凌ぐ力』を届けたいと思っています。」

というところです。
この

「届ける」

というフレーズが丁寧ながらもなんとなく力強さをもっているように
感じます。

私も学歴コンプレックスを抱えていた一人です。
学歴だけじゃないけど学歴コンプレックスを持っている人
特に若い人にお勧めの一冊です。

反・学歴の成功法則

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/731

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年5月28日 21:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心斎橋筋にみる成功するための方法とは?」です。

次のブログ記事は「41歳だから言えることがある」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ