大道芸から学ぶお客様との接し方

| コメント(0) | トラックバック(0)
なんばパークスの8階ではおそらくほぼ毎週
大道芸のイベントが行われている。
今日で見るのは2回目だ。

決して大道芸が好きなわけでもなく
息子たちも喜んでいるわけでもないが
何の因果か2回見ることとなった。

2回とも見ていて思うのは、お客様の誘導の仕方や
巻き込み方がうまいということだ。

そもそも私も含めてこの大道芸をわざわざ見に
来た人は少ない。
たまたま通りかかって、ちょっと休憩がてら見て
おこうかくらいな感じだろう。

つまり大道芸人にとっては「アウェー」だ。

そのアウェーの中で誰も興味がない大道芸をやって
盛り上げ、さらには最後にお金をもらう

これって本当にすごい事だと思う。

まずはお客様に大道芸の見方を教えていた。
そして拍手の練習。
すごいポイント。
お客様へのダメだし。
座ってみているお客様に詰めて座らせ立っているお客様
を誘導。
お客様を参加させる。

この中で最もすごいと思うのはやっぱりお客様への駄目だし
だろう。
下手にダメ出しをしたら怒る人もいることだろう。
しかしそんな事を考えず「スパッと」お客様のノリをダメだし
する。
そして強引に何度も拍手と歓声の練習をする。
練習をさせられると一応やってしまう。
やってしまうとその歓声を聞いたお客様がさらにやってくる。

大道芸人はある意味大道芸のプロ
だからこそお客様を大道芸の世界に導き
その楽しみ方を享受させる。
これがプロの姿勢だろう。

プロとしてお客様を導くことを当たり前に出来る集団に
したい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/723

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年5月20日 21:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「VS 「TPNS」 スポーツジム」です。

次のブログ記事は「20年前のことを考えてみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ