ブランドと言う安心感

| コメント(0) | トラックバック(0)
あ、しまった!

汗を軽くぬぐおうと思ってハンカチをスーツのポケットから
取りだそうと思ったら入ってなかったのです。
地下鉄を降り、シンガポールの熱帯をスリーピースで
受け、軽く暑さを感じたときでした。

シンガポールでスリーピースでハンカチなしはさすがに
やっていけません。
ましてやこれから20分ほどオーチャード周辺を歩こうと
していた昼下がりでした。

オーチャード駅に併設されているIONというショッピングモール
に戻りハンカチを買うことを決意しました。

うーん、どこで買おうと考えていると見覚えのある

「MUJI」

の文字が飛び込んできました。
品揃えも表示もまさに日本そのままです。
きっとそれも海外で重要な事なのかもしれません。
ハンカチを手に取り迷わずレジに持ち込みました。

そのビルには多くのSHOPが入っていました。
それこそFOEVER21からローカルなショップまで。

しかし迷わずMUJIでお買い上げでした。
ベストではないですが、急場をしのぐハンカチの信頼度として
MUJIは全然ありですし、やっぱり安心感があると言うのが
正直なところです。

オーチャードを歩きながらもカフェは結局2日目に入ったTCC
と言うカフェかスタバ、それとマクドナルドを使いました。

海外という心細い環境に来るとブランドの安心感、品質の
安定感はなんだかんだと捨てがたいです。
決してベストではないですが、BADと言うことはあり得ないからです。

ブランドとして大事なことは高級な事やベストな状態ではなく
質のレベルがわかりやすく、しかも安定的であることでしょう。

そういう意味ではまだまだブランドと呼ばれるには程遠い
弊社のサービスをもっとブランドとして確立していく必要性を感じ
ました。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/719

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年5月17日 03:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「差別化するな、ポーターに騙されるな」です。

次のブログ記事は「後悔先に立たず」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ