未来の「自分」に謝る

| コメント(0) | トラックバック(0)
今年の経営目標を上方修正することに決めました。
当初180%増でストレッチしたつもりでしたら、今の
社内のポテンシャルを甘く見ておりました。

気がつくと今時点で180%増が見えてしまいました。

水泳でも一回速く泳げるようになるともっと早く泳げるか
試してみたくなるもの。
そしてもしかして私の180%増という目標自体が
さらなるポテンシャルを限定してしまってる可能性
もあるのではないかと考え、既に半期が終わろうとし
ていますが

・昨年対比250%増

まで目標をストレッチする事にしました。

これ、出来てしまったら正直すごいですが
すごいと思っているのはすでに過去の自分だったりします。
少なくても古江さんはまだまだ本気出してないし、問いを
立てたら返ってくるものだし。

そして、未来の「自分」から見たら

「目標の上方修正遅すぎたんじゃないの。古江さんを侮りすぎだよ」

と見えているかもしれません。
すでに手遅れかもしれませんが、未来の「自分」、
来月から正式に目標の上方修正で許してください。

よし!250%やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/714

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年5月12日 00:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「決定は疲れるものだと知る」です。

次のブログ記事は「繁盛店を味わう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ