決定は疲れるものだと知る

| コメント(0) | トラックバック(0)
昨日に引き続き武蔵野さんの実践経営塾に参加
してきました。

今回参加の心得をこれまでの塾や講習やセミナーと
変えてみました。

武蔵野の小山社長も公言されているように1回聞いて
わかるわけない

とのことなので、全部を聞くのではなく決定して
やれることを見つけ、それをどんどん増やしていく。

それ以外は聞かない。
ある意味ふまじめな参加方法
かもしれません。

しかし逆に相当の決定を行いました。

・経営計画書に盛り込む内容:5つ以上
・新たな旅費規程の作成
・飲み二ケーションの年間スケジュール
・実践幹部塾5人分の決済
・目標の上方修正
・それに伴う賞与基準の見直しの決定
・人材紹介会社を使うこと
・+アルファ:1件

書き出せばたいしたことのない話ですが
想像以上に脳みそが沸騰してます。
それと疲労感。

多分これが決定なのかもしれない。
今までの決定は軽すぎたかもしれない。
本当の決定はもっとずっしりと重い。
それは多分今まで経験してきてないからだろう。

そしてこの分だとこの上の決定もあるんだろうな
と言うことをイメージできる。

今のステージでどんどん決めて
そして次のステージの決定の重さをのぞきに行きます。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/713

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年5月11日 00:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「投資をちゃんとできるようになる」です。

次のブログ記事は「未来の「自分」に謝る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ