世界一やさしいマイケル・ポーター「競争戦略」の教科書

| コメント(0) | トラックバック(0)
世界一やさしいマイケル・ポーター「競争戦略」の教科書
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4827207003/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4827207003

学生時代、本は持っていたもののそれこそ飾りにしかなっていなかった
ポーター。結局読まずじまいだったため、やさしい奴を読んでみました。

インプットは次の3点

1)5つの競争要因
2)競争が激化している業界の企業に必要な視点
3)成熟期の業界の特徴

です。
1)5つの競争要因
?新規参入の脅威
 業界への参入障壁の大きさと既存企業からの反撃の可能性で決まる

?供給業者の交渉力
 供給業者には労働力、つまり従業員が含まれる。
 高度な人材を使う必要があるかどうかで収益力に影響を及ぼす

?顧客の交渉力
 顧客の交渉力が強い場合は値引きと品質・サービスへの要求が
 高くなる

?代替品の圧力
 似たサービス・製品だけでなく、買わない、中古品で済ませる
 自分でやるというのも代替品と捉える

?業界内のライバル関係
 ライバル関係で収益性が大きく異なってくる。

2)競争が激化している業界の企業に必要な視点
 競争が激しさを増している業界の企業は、もう一段上の視点か
 らビジネスを捉え直してみるとよい

3)成熟期の業界の特徴
 成熟期の業界ではこれまでと異なる変化が沢山起こる。


 私も成熟期の業界にいる身として今後起こり得る変化を
ある程度把握し、戦略を選択していけたらと思った。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/704

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年5月 1日 23:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「成功哲学」です。

次のブログ記事は「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ