20年前のことを考えてみる

| コメント(0) | トラックバック(0)
求人面接をしていて思うのが、自分の未来について
思い悩んでいる人が多く来るなと言う事。

中小企業で確かに求人で来る人は1回目の就職に失敗している
人やそもそも就職できていない人が多い。

私はあまりまじめに就職活動をしたことがないが
20代前半はどうだったんだろうと面接しながら
ふと考えたりもした。

確かに20代は何かと悩ましい年ごろだった。
しかし悩んでいたのはどちらかと言うと「恋」で
あって仕事や今後の未来の事についてあまり悩んで
来なかったというのが正直なところだ。

では全て順風満帆だったかと言えば、どちらかと言うと
あまり通常ルートとは異なる経緯だったかもしれない。

大学卒業時は就職活動を中途半端にしかせず
大学院に行くと決め、受験するが全て落ちる。

受かるあてもないくせに大学院浪人。
友達もいないのに東京で単身昼間は勉強しながら
夜は居酒屋で働き、本当にラッキーにも大学院に
受かった。

そこから順風満帆かと言えばそうでもなく
頭の悪さに修士ででることになる。

そこで本来であれば就職活動となるわけだが
一度もお会いしたことがないベンチャー企業の
社長に拾われ働き始める。

拾ってもらった恩を返す期間も経ず1年で会社を辞め
新聞広告に出ていたコンサル会社を受け受かる。

そこでも多くの恩を頂くが恩を返すことなく独立
してしまった。

辞める時はあまり当てもなく辞めたがなんだかんだと
次々と繋がった。時代が良かったと言えばそれまでだったが
悩むことはなかった気がする。

だからと言って今の仕事が天職かと言われると
そんな事を思ったことは一度もない。

でも仕事が楽しいかと言われたらそれは楽しい。

転職先も大事だが次こそ天職と思っても天職
と思える仕事ってどれくらいの人が巡り合えるんだろうか
と思う。
それは本当かもしれないしもしかしたら錯覚かもしれない。

一つ言えるとすれば天職じゃなくても仕事はやりがいを感
じることができるし楽しむこともできるし、続けていこうと思う
事も出来ると言う事だ。

まだまだしばらく求人面接が続くので採用になっても
ならなくても話しただけの価値があるように心がけたい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/724

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年5月21日 23:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大道芸から学ぶお客様との接し方」です。

次のブログ記事は「意図を汲む」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ