自分がやらないつもりで自分でやる

| コメント(0) | トラックバック(0)
新たな事業の仕込みとしてまた一つ動かしだしました。
新たな事業の場合、最初は実務は私や古江がやる
必要があります。
私も本格的な実務から離れてまだたったの8カ月
ですが、マネジメントから実務担当への切り替えが非常
に大変でした。

新たな事業の仕込みですから最終的には自分が
やるのではなく、自分以外の誰かも出来るようにす
ることが重要です。
そして成果を出せることも重要です。

うちの場合、新たな事業といっても製品のように
形があるものではない事が多いため

・実務をやりながら
・仕組み作りを意識して
・成果も考える。

必要があります。
新たな事業をやる時は同時に3つのことを想定する。
そういう工程が必要になります。

ただ今は実務担当者なので優先順位は成果。
今回は短期間での成果の可否がわかります。
それは同時に新たな事業展開を次の段階に進められるか
の判断も同じです。

2012年もあと8カ月弱。

既存事業に並ぶ新たな事業を今年中に起こしたいです。
よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/687

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年4月14日 22:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なぜ今シンガポールか?」です。

次のブログ記事は「出来る事を教える難しさ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ