縁起は担ぐものか?

| コメント(0) | トラックバック(0)
もしかしたら合理的な意思決定だけをしているように
見られているかもしれないが(思い込みかもしれないが)
運、縁や縁起、ジンクスなどは比較的大事にしたいと考
えている。

例えば下の子供のベビースイミングの時には必ず
布施戎を通るが、自転車に乗りながらなりに、必ず
止まり、息子と二人で

「パンパン」

とだけやる。

その他にある縁起の一つに、営業時のものがある。
縁起というのが正しいか分からないが、営業時に
営業関連の本を読むと受注に繋がるということを
なんとなく信じている。

今日は久しぶりにその縁起を担いでみた。
そのおかげもあり、お客様のご縁にも恵まれ
お仕事を頂くことができた。

運、縁、縁起などある意味どう仕様もないかもしれないし
その存在自体の真意もわからないが、仮になくても
運、縁、縁起を信じた所で高額であれば別だが、あまり損
はない。
むしろ信じた方が自分にとって得な事の方が多い。
自分を自己催眠に掛けたり、モードが作れたりできる。

最後の所を見ると結局運や縁を信じるのも合理的な判断か
となるが、結局そうなのかもしれない(苦笑)。

ということで運、縁を大事にしていこうと思う。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/682

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年4月11日 22:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なぜパチンコ屋さんに並ぶのか?」です。

次のブログ記事は「今まさに日本企業の社長が読むべき本」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ