喜びを喜べる感覚を教えてもらってありがとう。

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日新たに既存のお客様からの繋がりで2件
のお仕事を頂けた。

担当者は私的には正直それほど仕事ができる
と思ったことはなく普段もおとなしい感じ。

しかし周りからは評価されている人だ。

と言いながら直接私が教えた最後の従業員
でもある。

それだけにどうしても評価は辛めだったかもしれない。

遠目で育ち具合を見ていたが、今日スカイプ越しに
受注の報告を嬉しそうにしてくれた。

いや正直言うと嬉しそうに報告していたかどうかは
わからなかったが、彼なりの最大級の嬉しさ表現だった
らしい。

創業して10年間。自分の成長を追い求め、いつも自分は
成長したんだろうか?会社を辞めたころから成長できてい
るんだろうか?と考える日々で、自分のスキルアップの
事が中心だった。

ここ数年は、自分のスキルアップではなく、社内の
メンバーを育成し成長させる役割を担ってきた。
気がつくと自分の成長のことはあまり考えることはなく
どうやったらみんなが成長しやすいかを考える日々
となっていた。

そしてお客様から追加の案件を頂けるという信頼を獲得し、
嬉しそうにしているメンバーを見て、私もうれしくなった。
おそらく自分なりに成長も感じていることだろう。

人が喜ぶ事を喜ぶという概念は正直私にはなかったが
最近少しわかってきた気がする。
そしてそれをわかるようになった自分は起業したときから
人間的には成長できたのかもと少しだけ自分の成長を
実感できた気がします。

そんな成長を感じさせてもらえて、ありがとう!
この勢いで引き続きお願いします>

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/680

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年4月 9日 23:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「突き進める所までな人生も」です。

次のブログ記事は「なぜパチンコ屋さんに並ぶのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ