狙われた世代を狙っているか

| コメント(0) | トラックバック(0)
現実逃避モードで楽天でアディダスのスニーカー
を見まくった。

アディダスのスニーカーで一番高いやつはどんなのがあるんだ?
から一体数万円もするアディダスのスニーカーってどんなのがあるんだ?
という素朴な疑問を解消させた。

見ながらも欲望が掻き立てられる。
スタンスミス80'Sというのが出ているようだ。
不朽の名作スタンスミス。形を変えながら
ギネスに乗るほどの数とのこと。
その原型を復活させた80'S。

思わず欲しくなる。
それ以外にも1万円を超えるアイテムでは復刻版が続々と
並ぶ。

気づきだす。

あなたがターゲットです

と言われている事を。
私の世代前後から上は

・ある程度お金を持っている
・大量消費をこれまでしてきた
・バブルを経験している
・欲しいと思いながら手にしてこなかったものがある
・ガキと同じは嫌だ
・そろそろ定番も良いんじゃないと思い始めている

という思考があるのではないだろうか。

アディダスは確実にそんな世代を狙った商品を
投入してきているなと感じた。
欲しくなるわけだ。

狙われた世代であることを自覚しながらも
狙われた世代をビジネスで狙わない手はないと感じた。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/670

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年3月31日 21:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「気持ちがよく伝わってきた本」です。

次のブログ記事は「兄と弟という関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ