リアルなレビューを試みる時期

| コメント(0) | トラックバック(0)
ISO業界に携わり重要だけど多くの組織で弱い
事にレビューがあることがわかった。

計画を立て実行するが、実行結果をレビューしさらに
そのレビュー結果を次のアクションにつなげるという動き
をきちんとできている組織が本当に少ない。

ISOでもいくつかのレビューがあるがリアリティがある
レビューをきちんとできている組織はどの程度あることだ
ろうか。

構築の際にヒアリングで

「レビュー」

の話をするとほとんどその機能を果たすものがなかった。

1月始まりで考えると3月で第一4半期が終わろうとしている。
3月年度末であれば1年が終わろうとしている。

3月末までまだ少し早いが善は急げ(笑)で
絞めてみてはいかがだろうか?

弊社にとっては第一4半期の終了。
組織全体の結果は一目瞭然だが、年初に表明した個々人の
ベクトルに対して実施できているだろうか?

結果が良ければそれは目論見が甘すぎる。
もっとストレッチした目標を掲げ直すチャンスだ。

逆に結果が芳しくないなら何が良くないだろうか?
外部要因を外部要因と捉えず振りかえることが重要。

私もせっかくなので振り返ると既存事業はほぼ計画通り
くらいの勢いがあるなかで新たな事業の仕込みが弱い。
厳しく言えば貪欲さに欠けた第一4半期だった。
あと数日第二4半期に貪欲に取り組むためにどんな準備を
すべきか考え、実行したい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/665

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年3月28日 22:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「超速でプラス思考に切り替えろ」です。

次のブログ記事は「自分以外の人ができることは暇でもやらない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ