超速でプラス思考に切り替えろ

| コメント(0) | トラックバック(0)
「今の採用基準だったら採用されてないかもな。
あの時は中々採用できなくてちょっと基準が緩んでたから」

と●●ハラ気味な発言をその当時採用された人の前でしていたら

「じゃあツイテタってことだね。もってるなあ。」


古江が瞬時にプラスな話に切り替えた。
前職から付き合いが始まり13年。
彼と出会って180度変わったのは圧倒的なプラス思考
を学べたこと。

怒涛のように来る仕事や上司からの厳しい叱責に
視野が狭くなり、冷静な判断ができなくなっている中で
私が唯一見つけた希望の光だったかもしれない。

彼は私以上に仕事を受けながら、それをすべて笑い話や
プラスな話に切り替えていった。
さらにパンパンに仕事が詰まっている中で宙に浮いてい
る仕事を

「僕やりますよ」

と自分に降り注がせていたのをみて驚愕したのを今で
も鮮明に覚えている。

その時の私の思考は

あれだけ仕事持ってるのにまだ受けるの?

だった。
一体何なんだ、あれは?と思いながら私も試してみることにした。

「それ、僕がやります。」

仕事の量は決して減らなかったが、やらされ仕事から自分がやる
と言った仕事に変わっただけで仕事への重さがずいぶん変わった。

もう一度やってみようと思いやってみた。
仕事のイメージが変わってきた瞬間だった。

今日の瞬時のプラス思考への切り替えは
そんな13年前の古江さんの思考を思い出し
私のプラス思考のきっかけとなった時期の事を
思い出させた。

受け身の仕事から自らやる仕事で仕事の意味が変わる
事を知ることができたら、人生が変わる。
人生で最も多くの時間を費やす仕事が全部楽しくなるわけだ。
変わらない方がおかしい。

ただしできるのは自分だけ。人からやらされたらやっぱり
仕事はつまらない。
だからこれを伝えるのは難しい。
自分でやってみようと思わないと出来ないから。
私が言えるのは

「やってみたらいいのに」

とここに書くくらいかもしれない。

プラス思考の意味がわからない。
プラス思考ができないという人は
思考するだけじゃなく行動してみたらわかる。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/664

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年3月28日 01:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分と向き合う」です。

次のブログ記事は「リアルなレビューを試みる時期」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ