想定外を想定する

| コメント(0) | トラックバック(0)
起きるなり長男が半分泣きべそをかいた声を出している。
AM6時にセットした目覚ましを私が先に止めたため、起きる時
間が想定よりも遅れたことが嫌だったようだ。
私が起きる前に毎朝の日課のドリルを済ませておきたかったん
だろう。

嫌なら私より先に起きて目覚ましを止めたらよい話だが、私も
もう少し寝たいので放っておいた。

しばらくして私の起きる時間のアラームが鳴り、起きると不機嫌
ながらもドリルを済ませてあり、平静を装っていた。

もし自分のペースを乱されたとき、あなたはどうなるだろうか?
実は私も長男と同じかそれよりもひどい状況になる。

では理想的にはどうするべきか?

気持ちをすぐに切り替えて、出来る限り挽回させることに全力を
注ぐべきだろう。

想定外はいつ起きるか分からないものだ。
しかし想定外はいつも起きるという前提であれば
想定外の時にどうすべきかだけ決めておくことができる。

結果として想定外を想定内にする事ができることになる。

想定内を常に想定しておく。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/660

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年3月23日 22:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「導入イメージはまだまだ高められる」です。

次のブログ記事は「サントリーさんへのお願い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ