導入イメージはまだまだ高められる

| コメント(0) | トラックバック(0)
「本当にどこまでやってもらえるんだろうか?」

営業先様は私どものサービスに対してなかなか
疑念が晴れないようだった。
これまでのコンサルは基本的にノウハウを提供はするが
作業まではしない。
私どもの価格で本当に作業が軽減されるのか
を私の説明や資料でリアリティを持ってお伝え
することができなかった。

業界ではスピード感、資料の丁寧さ、対応力など
に正直自信を持っているが、業界という枠にとらわ
れている限り、私どもは足を救われる可能性がある。

競合は業界の外からやってくる

と言われている。
異業種から来る競合は業界の基準に関係なく
きっと圧倒的なパフォーマンスや想像もつかない方法で
猛スピードで攻めてくるかもしれない。

業界の枠組みにとらわれず、お客様からの接点で学んだ
改善点に真摯に取り組み、今後参入し得る競合と
戦える戦闘力を備えておきたい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/659

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年3月22日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人としてUIが良い状態に」です。

次のブログ記事は「想定外を想定する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ