ポストデニム

| コメント(0) | トラックバック(0)
駅を降りてふと前を向くとずいぶんとかっこいい
デニムパンツをはいた女性がいた。

・かっこいいなあ
・どこのだろ
・なかなかなあたり方だな
・多分自分では入れてるんじゃなく
 もともと入ってるんだろうけどうまくあたってるなあ

みたいなことを考えていた。

階段を上っていると降りてくる人のデニムが
気になった。
おー!かっこいいデニム履いてる。

この辺で気がつく。
そういえば最近変なデニム履いてる人の方が見ない
ことに。
そもそもユニクロのデニムが相当かっこいい。
普通にかっこいいデニム履いている人に
(知ってる人です)

「それどこの?」
と聞いたら
「ユニクロです」
と返ってきたし、奥さんがたまーに履くユニクロの
デニムも普通にかっこいい。

思考が徐々に切り変わる。

私も実は週末2本デニムを買った。
自分的には他と違うという意識で買ったが
果たして違うだろうか・・・・
多分わかんない程度なんだろう。

さらに思考が進む。

つまりはデニムはかっこいいということにならないのでは?

誰もが安価でかっこいいデニムが手に入り
多くの人がそれを履いている時点で今かっこいい
とされているデニムは大衆化しているので
かっこいい、ちょっと進めるとオシャレ、他人との
差別化要素にはならなくなってしまった

ということだ。

先日私服についてスーツにお世話になっているK氏
と話をする機会があった。


「私服でスニーカーとかやめようかと思ってるんです。
トリッカーズとかどうですかね」

K氏
「あー、ないな。すでにオシャレになっちゃってる。」

恵比寿のウェスティンを出た後にちょうどベンツの
ゲレンデが通りかかった。


「ゲレンデとかどうですか?」
K氏
「佐藤KSWとかすでにオシャレな人が載っちゃってる
んでしょ。お洒落すぎる」

全く別の機会に出版関係のK氏から

「マーケティング系の本はああ、あれ系でしょって
ひとくくりでされてしまうんだよね。ただ買いたくなる訴求力は
今的なものでいるけど、ああじゃない」

という話をお聞きした。

情報や物が簡単に手に入る今、トレンドはもはや
大衆化してしまっているんだろうなと思う。
そんな中でも「ポストデニム」となるものはあるんだ
ろう。
ただトレンドになってしまうと今の世の中では簡単に
大衆化してしまう。

訴求力がありながらトレンドではなく他とは違う何か

である必要があるんだろう。
それはきっと王道で定番なものでロングセラーなもの
なんだろう。

スーパーカブであり
7つの習慣であり
考える技術書く技術であり
ポテトチップスであり
501であり
コンバースであり

なのかもしれない。

そろそろトレンドを追い掛ける歳でもなくなってきた事だし
これまで避けてきた「王道」的な事も自分らしさを踏まえて
考えてみようと思う。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/650

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年3月14日 22:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「IT系の人こそ商品とマーケティングについて学んだら強いのに」です。

次のブログ記事は「油断を大敵にしない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ