ネットで出前はまだまだ伸びる?

| コメント(0) | トラックバック(0)
何気に初めてネットで出前を頼んでみました。

昨日は出前館。
今日はぐるなび。

ネットサービスの利用度は高い方だと自負して
いたのですがネット経由の出前は初めて。

初めてネットで通販したときのような
期待と不安が入り混じった感覚を久しぶりに味
わいました。

まず昨日ですが、出前館でフォームから注文し
ようとしたんですが、UIがなんとなく合わず結局
頼もうと思っていた中華屋さんに電話して依頼し
ました。

本日は気分的に「お好み焼き」となり、ウェブ担当
しているT氏が取りまとめ、ネットから注文しました。

待ち時間は1時間とのこと。
うーん、遅く表示されてるが実際はもっと早く来るか?
と期待したものの、中々来ません。

そのうち、S氏が痺れを切らし

「お好み焼き屋がネットからの注文なんて絶対マメに
見てないから電話した方が良いよ」

と言うので、T氏が電話

「今出て、もう1件回るのであと15分ほどかかります」

という出前の定番の受け答えを受け、なんだかんだと
1時間後には到着した。

ネットでの出前サービスのユーザーはどれくらいあるんだろうか
通常のネット通販よりは少ないだろうし、ネットショップ
運営者よりもネット通販には慣れていないだろう。

今後はユーザーが増えるにしても、ユーザーが慣れるまでは
ある程度のリアルのフォローってあるとよいのに
と感じた。

一方でネットで出前を定着し、注文したものが正確に届く
という信頼付けをできれば、リアルでのフォローがなくても
ユーザーが徐々に慣れていくことだろう。
ただその場合はユーザーが慣れるまで辛抱は必要かもし
れない。

また届ける人も○い旧来の出前のおっちゃんで良いのか
ということも検討材料としてあるだろう。

まだまだ感覚的には普及段階にもなっていないネットでの
出前サービス、これから爆発的に伸びる所があってもおかしくない。

ネットでの出前サービスを外から傍観する意味も込めて
今後もちょいちょい使ってみたいと思った。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/643

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年3月 8日 00:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今、就職できていない人の共通点と解決策の提案」です。

次のブログ記事は「見た目だけでなく、印象も良くする」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ