素直さをはぐくむ

| コメント(0) | トラックバック(0)
上の息子が昼寝から目が覚め、大騒ぎし出した。
めったにお昼寝しないが、午前中激しく外で遊ん
だのと、まだまだ病み上がりということもあり、
うとうととお昼寝をしてしまった。

ただ奥さんと15時から出掛けたかったが、
昼寝をしてしまったために置いていかれて
しまった。
それが気にいらなかったようだ。

しばらくたっても勢いは納まらない。
そんな時は少しずつ大人な対応をします。

泣きやむことと置いて行かれたのは自分が寝てい
たためだという事を伝えます。

それを伝えても納まらない時は出ていくか言う事
を聞いて残るかを選択させます。

今のところは子供なのでまず出ていく事を選ぶこ
とはありませんし、私も本気では言ってませんが、
行動としてはかなり本気っぽい感じにします。

その後しばらくは冷静になるまで立たせておきま
した。立たせていても不満な声を出したらもう一度
選択させます。
さらに置いて行かれた理由を自覚させます。

そして1分間泣かず、声を出さずに冷静になれたら
終わり。

・人の言う事を聞く

ことは人生において大事だし、聞くだけじゃなく
そこから

・行動に移せる

事が大事だと私は考えます。
それが素直さとして培われるのではないかと考えます。

社会に出て大事な要素の一つにある「素直さ」。

社会人として成長するためには一人ではできません。
本なり人なりを介してではないと成長できません。
その時に人の言う事を受け入れられないと成長できません。
受け入れられても行動に移さないと成長できません。

成長するための土台としての素直さ、大事にしたいです。

よし!やるだけ!

p.s.
上の子とはその後一緒に風呂に入り、風呂上りに
トランプを本気モードでやり負けました。
さんざん叱ってもころっと忘れてじゃれついてくる切
り替えの速さにはいつもびっくりさせられます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/633

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年2月26日 22:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「まずは成功体験させてやりたい」です。

次のブログ記事は「口コミは伝染させるな信頼させろ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ