社長の役割とは?

| コメント(0) | トラックバック(0)
はじめに断ってきますが今すぐの話ではないです。

短期的というより中長期的にISO総合研究所の社長は
誰かに引き継ぐことを決めている。といっても完全に
私の手を離れるわけではなく、プリンスキーグループ
から抜けることもないが。

ここで社長を引き継ごうと思うと悩ましくもなかなか面白い
議題にぶつかる。
それは、一体社長を引き継ぐとは何を引き継ぐことなんだ
ろうかということだ。

社長の仕事について書かれている本もいくつかあるが
それらを参考にしながらもうち独自の社長引き継ぎ方
を考えなければならない。

引き継ぎをする前に考えるのが、役割だ。
いったい社長とは何をする事が役割なんだろうか。
今まで

コンサル兼マーケティング兼営業兼経理兼人事兼ウェブディレクション

くらいをやっていたが、コンサル的役割はほとんどなくなり
マーケティングもほぼなくなtった。営業は少々やらせてもら
っているが全体で言うと1/5程度で影響力もほぼなくなって
きている。
ウェブはまだまだコミットの度合いは強いが社長の役割かと
言われると違うだろう。

そんな中で何が残ってくるか。
人事や経理を含めた財務は最後まで残ってくる所かもしれない。
それと事業全体の戦略・どう攻めていくかと言ったところも
残ってくるだろう。

しかし人事や財務や戦略も私もしっかりやり始めたのはつい最近だ。
うちに入ったコンサルメンバーと同じくらいのキャリアだ。

キャリアが少ないからと言って甘えるわけにはいかない。
むしろ集中して学ぶチャンスでもある。
学びながらノウハウの蓄積と仕組化に取り組めたらさらに
面白い。

仕組化のしやすさで言うと

財務、人事、戦略の順番で、戦略が最後まで残るかもしれないが
戦略策定まで仕組化できたらさらに面白い。

そしてその上位は新規事業の開発かもしれない。

さらにその上位には・・・・

うーん、もっと根本的な事もあるような気もする。
思想的な事や理念的なことかもしれない。

ここまで来ると完全なデレゲーションが頭をかすめる。

全ては思想や理念や目的がありその下での財務、人事、
戦略、新規事業開発、その他もろもろだろう・・・・

となると思想や理念や目的の精度を上げる事に重要度
が置かれてくる。

ということでなんとなく私がやらければならない事に帰って
きたような気がする。

よし!やるだけ!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/624

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2012年2月20日 23:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人の振り見て我が振り直せ」です。

次のブログ記事は「自社のレベルを知る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ