切迫感を創造する

| コメント(0) | トラックバック(0)
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

去年はまいた種が育ち、花をつけました。
その花は今年はおいしい果実をもたらして
くれる予定です。
それもやり方次第ではあります。

私は果実を待ち、じっくり味わうタイプ
ではないなと思います。

せっかちで貪欲で貧乏性で生真面目で
遊びベタだなと思います。

そういう意味では今年も果実を味わう
のではなく、そこからさらなる種をまく年
にできたらなと思います。

余裕の中から何かを生み出せる人だったら良い
のですが、どちらかというと切羽詰まった状態
の方が何かを生み出せるタイプです。

一つ果実が実る木ができ、否が応でも時間的余裕
とそれ以外の余裕が生まれる中で、自分の性分である
切迫感をどう生み出せるかが鍵かなと思います。

それが私の定跡なんでしょう。

年始のスタートまでにどうやったら切迫感を持てるか
考え、年明けから実行できたらと思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/550

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年12月31日 23:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人の原点に戦いや競争がある」です。

次のブログ記事は「テレビの前で裸になるという自信」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ