人の原点に戦いや競争がある

| コメント(0) | トラックバック(0)
テレビ番組で人が競い合う番組が多いと思うのは私だけだろうか

矛と盾、頭脳NO.1、サスケ、漫才-1

年末にかけてはボクシング、格闘技

がある。
年末年始で息子と遊ぶ機会が増えた。
その中で息子から提案される遊びの大半は
私と息子が競うものだ。

「こうしたら勝ちな」



「こんなんできる?」

も全て競い合う提案だ。

競うことが人生のすべてではないが、人間の中には
相手と競うことがプログラムされているんだろうと感じる。
これが行き過ぎると戦争になってしまうのかもしれない。

人間が競争したいという気持ちはきっと抑えられないし
抑えても意味がない。むしろその原点を自己の成長のため
に使えるかどうかが大事なんだろうなと思う。

私の成長にも息子の成長にも社内のみんなの成長にも
戦いや競争の概念を上手に織り交ぜられたらと思う。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/549

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年12月31日 01:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分に固定概念があることを知る」です。

次のブログ記事は「切迫感を創造する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ