なぜ彼はやれて、私はやれないのか

| コメント(0) | トラックバック(0)
行き詰っています。
執筆。
正直進んでいない実情。
ふがいないです。
単純に時間を取ってもなかなか進まない。
そうこうしている間にとうとう10年愛の同期
の出版です。

今日が「最後の1日」だとしたら、今の仕事で良かったですか?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4766785096/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=supernm-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4766785096

なんと5回も死に直面していたことを本を読んで初めて知りました。
そしてこの本を読んで、なぜ彼は書けて私は書けないのかが少し
わかった気がします。

それは彼は

「今日が最後の1日」

だと思っているからだと私は感じました。
同期のメーリングリストがありますが、そこでは
彼が徹夜して書いている様子をうかがえる投稿が
あります。
さらにさらにその先にも進んでいる様子がうかがえ
るんです。

なぜそこまでしてと言ったら失礼ですが、正直
そう思っていました。
しかし確かに

「今日が最後の1日」

であり、本を書くことが人生の使命としてあるなら
そうすることが必然であることがわかります。

本の中の「最後の1日の値段」のところは、大変気に入りました。

今日が「最後の1日」だとしたら、今の仕事で良かったですか?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4766785096/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=supernm-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4766785096

同期としてだけでなく、一読者としてお勧めできる
一冊だなと感じました。

気がつくと10月も終わります。
きっと人生も気がつくと終盤に差し掛かってしまうんでしょう。
日々「最後の1日」意識を持ちたいと思いました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/445

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年10月28日 00:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペルー料理にはペルー人。ではあなたの会社には?」です。

次のブログ記事は「口コミの威力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ