コントレックスを扱うのはなぜ?

| コメント(0) | トラックバック(0)
会社で飲んでいたコントレックスがなくなって
しまったので楽天で早速検索。

前回買ったのは半年以上前かもしれない。
サンベネデットも含め相当の本数があったことと
会社にあまりいなかったので消費が少なかった
ためだ。

久しぶりに検索してかなり驚いた。
めちゃくちゃ安くなっている。

1600円台だったはずだが、1300円を割っている。
しかも送料が無料だったりする。

その大きな要因として円高があるんだろう。
円高、輸出ではマイナスだが、輸入にはプラス。

これだけの価格競争になるコントレックスを扱う理由
は何だろうか?

某本の商品分類に即してで考えてみる

■本来的機能(りんごだったら:おいしい)
1)実は儲かる
 これはないかな・・・・

■付加的機能(りんごだったら:食べやすい)
2)実は扱いやすい
 自社で輸入せず業者があり、在庫も持たずに
 取り扱えたりする可能性がある。

3)在庫しやすい
 腐らないから

■本来的デザイン(りんごだったら:体に良い)
4)入口商品
 メルマガを送るリストを増やすため。
 コントレックスを飲むということは美容に関心がある
 可能性が高い。美容というと女性。それも20代?40代
 くらいまでだろうか。
 リストを特定しやすいのかもしれない
 私も混じっちゃってるけど


付加的デザイン(りんごだったら:形が良い)

5)輸入時の隙間埋め
 並行輸入などで海外から商品を運ぶ際に
 一緒に持ってきやすいとかあるんだろうか?
 この辺は全く分からない。

いずれにしても安く買える事は一消費者として
喜ばしいこと。
サンベネデットと合わせて買わせて頂きました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/410

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年10月 8日 22:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本気を出したことあるか?」です。

次のブログ記事は「何か一つでも夢中になれるものを胸に持つには?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ