フェイスブックの勢い

| コメント(0) | トラックバック(0)
フェイスブックを初めてまだ1年未満だが
私個人として勢いを感じる。
個人的に様々なトラフィックが増えている。

・友達申請
 300人くらいを超えてから毎日入るようになった。

・メッセージ
 メッセージでのやり取りが増えている。
 そしてメールや電話よりもメッセージが手軽で最も
 コミュニケーションとりやすい。
 メールは既にスパムが多かったり自分あてじゃないものも
 多い。しかも複数人でメッセージのやり取りもできる
 ことを教わりました。

・リスト機能
 リスト機能で気になる人や属性の動きがわかる。
 実は9月下旬の台風時、うちのスタッフのウォールへ
 の書き込みから対処できたことがあった。
 こういうことが一つでもあると尚更見逃せない。

・フェイスブックページ
 フェイスブックページはある意味うちの会社の活動を
 集客している新着情報サイトになっている。
 下手をすると本家のサイトよりも検索エンジンで上位に
 表示される日が来るのではないだろうか

・使いきれていない便利そうな機能
 ノート、グループ、イベントなどまだほとんど使ったことがありません。
 これらの便利さをどこかで知ったり新たな便利な機能
 も増える予感がします。

一見濃いつながりに見えながらも、足跡はないので逆に
気軽。私も気になる人をチラチラ見たりすることも気軽に
している。コメントするほどじゃない内容でもコンタクトしたことを
何らかの形で示したいときのためのいいね!ボタン。

SNSは最初は盛り上がり2年くらいすると衰退したり
利用頻度が落ちたりすることが多い。
フェイスブックは利用を初めて1年未満。
利用する便利さとメリットをどう維持されるのか期待して
しばらくフェイスブックの勢いに流されてみようと思う。

よし!やるだけ!

一応私のアカウントと会社のフェイスブックページを紹介します。

私個人は、フェイスブックで「山口智朗」で検索して下さい。

ISO総合研究所のフェイスブックページ
http://www.facebook.com/isosoken

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/399

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年10月 2日 22:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「浮かれ時は引き締め時」です。

次のブログ記事は「クレドの見直しとその意味」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ