タイミングに拘る

| コメント(0) | トラックバック(0)
マーケティングの反響率に影響を及ぼす最大の要素の一つに
タイミングがあります。

どんなに素晴らしい訴求をしても
どんなに素晴らしいクリエイティブのランディングページでも
どんなに素晴らしいDMでも

タイミングが悪ければ見てもらうことさえありません。
多くの会社でタイミングを計られているのが、求人募集の広告です。
求人募集の広告を出すと、人材系の会社、オフィスの不動産関連
の会社、社会保険事務所、通信系の会社など様々な会社から
電話営業を受けます。

また起業すると税理士事務所から案内はがきが届きます。

借金をすると?サラリーローンからのDMが増えているように感じる
のは気のせいでしょうか(笑)

DMを出すとDM発送代行業者から営業を受けます。

ウェブの順位が上がるとSEO関連会社からメールが入ります。

どの業界もタイミングが命なんでしょう。

ではタイミングをまだ計れていない業界はどうしたら良いか?
それは計っていくしかないのです。
ただし、テストを繰り返し、ヒット率が高いタイミングを掴んでから
一斉にやる必要があります。

プッシュ系統の販促をして当たらない場合、訴求や原稿の出来
だと思ってしまうかもしれませんが、タイミングが悪いために当た
らない可能性もあるのです。

タイミングに関してもぜひテストしていきたい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/363

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年9月13日 00:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「facebookで遊べるか?」です。

次のブログ記事は「19時からのパレードは何時からですか?と聞く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ