facebookで遊べるか?

| コメント(0) | トラックバック(0)
私の勢いで社内のみんなfacebookアカウントを開設。
簡単ながらもfacebookページもできました。
http://www.facebook.com/isosoken

いいね!よろしくお願いします。<(_ _)>

このfacebookに苦しむ人と楽しむ人がいる。
苦しむ人は、facebookアカウントを作るのが遅かったり
そもそも持っているが知られるのを嫌ったり、アカウントを作っても
活動をほとんどしない状況だったり。

一方楽しむ人は知人を探し、繋がりを作ったり
プロフィールを充実させたり、写真を入れたり
投稿したり。

なぜ苦しむ人と楽しむ人がいるか?
それはうちでやっていくという覚悟の問題になってくる
だろう。
うちで働いていることを知られたくない
うちという色がつくのが嫌だ
逆に仕事とは別の顔を仕事の人には見せにくい

楽しむ人は
仮に通過点だとしてもここで色々吸収しようと思ってたり
盛り上げようと思ったり
ついでに楽しんじゃえと思っていたり

いや、私もみんなのおもいっきりプライベートや趣味趣向全てを知ったら
引く。その辺の加減も重要だったりする。
単純にこういったネットでの活動の好き嫌いもあるだろう。

私が言えることはせっかく押しつけがましい会社に来て
うちに関わるのだから、そこから学んだり、新たな繋がりを作ったり
ついでに楽しんじゃうほうが最終的には得なんじゃないかということだ。

中学生が校則の範囲の中で、制服の裏ボタンで遊んだり、そり込みで
遊んだり、スカートの丈で遊ぶように、制約があるなかで遊べることが
社会人でも重要なスキルなのではないだろうか。

せっかく作ったfacebookアカウント。
ミッションの納期に支障がない範囲で活動してぜひその楽しさも知って
もらえたらと思う。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/362

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年9月11日 22:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いじめもクレームも」です。

次のブログ記事は「タイミングに拘る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ