信頼されるには?

| コメント(0) | トラックバック(0)
新しい取引で信頼がないのは当たり前ながら
信頼を担保する何かがないのも確かに信頼できない
んだろうなと感じます。

興味を持ってもらえても信頼がないことで契約するロスになる
ことを今後少しでも減らせたらと改めて感じました。

洗い出せる範囲で信頼付けの要素を列挙します。

・なんらかの認証
 └Pマーク
 └ISO
 └公的認証
・メディア露出
 └本
 └雑誌
 └新聞
 └ネットの媒体
・お客様からの推薦
・プロフェッショナルとして見られる要素
 └先端技術に関する情報発信
 └技術情報の発信
・実績の明示
・歴史
・権威からの推薦
 └公的機関
 └省庁
 └その他外郭団体
・サービスの成り立ちのストーリー
・従業員数
・見た目
・ウェブサイト
・対応
  └メール対応
  └電話対応
  └訪問時対応
  └来訪時対応
・資料

おそらくまだまだ沢山あるんでしょうけど
まずは把握しているもので無理のない範囲で
信頼付けの積み重ねをしていきたいと感じました。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/343

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年8月31日 00:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「感じるのではなく見極める」です。

次のブログ記事は「あきらめたい気持ちを無視して動く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ