元来褒められたい動物:人間

| コメント(0) | トラックバック(0)
「え、食べれるの?えらいねー」

パチパチパチパチ
目を見開き、顔を覗き込み、大きな拍手。

下の子(1.9か月)にご飯を食べさせるためにやっていることだ。
若干イヤイヤ期ぎみで、とにかく食べない。
正確には好きなものしか食べない。
それはそれで良いのかもしれないけど。
さらにおっぱいを飲んでいるので栄養はしっかり
とれていたりする。

週末は困らないが保育園が困るらしい。
とにかく食べれるようにしてほしいとのこと。

ということでほめちぎって食べさせている。
ほめちぎると上機嫌になり、自分でもパチパチと
手をたたきだす。
そして食べ始める。

人間は元来褒めてほしい動物なんだろうなと思う。
それは大人になっても一緒かもしれない。
かといってわざとらしくほめても褒めていると取られない。
褒め方に工夫がいることだろう。
そして私は褒めるのがなんと言っても苦手だ。
自分が褒められたいと思ったことがないので
褒められたい心境がわからない。

なのでめったに褒めない。
そしてごくたまに褒める。
それくらいがわざとらしくなくちょうど良いと勝手に思ってるし
どっちかというと褒める担当は別にいる。

ということで褒めるのはうちの子供だけで社内は
褒めない。褒める担当は別と言うことでよろしくお
願いします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/339

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年8月27日 23:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プチブレークスルー」です。

次のブログ記事は「陸上に見る経済世界への影響力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ