知らないと言えることがプロ

| コメント(0) | トラックバック(0)
「それについては知らないですね」

お客様の前で知らないことを知らないと私は言う。
一緒に同行しているメンバーはそれを少し驚きを
持って見ていたようだ。

では逆に考えてほしい。
知らないといえるとはどういうことかと言うことを。
知らないと言うためには、自分が知っている領域
が明確でなければ知らないとは言えないのだ。
ある領域はプロとして知っている。
ある領域はプロとして知らない。

知っているか知らないかを知らないとは、プロでは
ないということになる。
知っているふりは所詮ごまかしではなく、お客様を
含め人間ならある程度見抜けることだろう。

プロには一朝一夕ではなれない。
プロに近づくにはどうするか?
それは自分に誰の前でも素直になることだ。
自分に素直にならないと、自分に嘘をつく。
自分に嘘をつくと知らない領域を見極められない。

誰の前でも素直になる練習。
私も素直さを極めたい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/336

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年8月24日 22:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「未知との遭遇の必要性」です。

次のブログ記事は「子供を子供と決めつけない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ