挫折したらどん底まで落ち込め!

| コメント(0) | トラックバック(0)
比較的うたれ強くなったつもりの私でも
たまに「どっかーん」というショックを受けるときがある。
先日は思わずくらっと来たし、その後は夕食を食べると
じんましんが出たりする。
気にすることなくガシガシ食べてるけど。

いわゆる挫折。
改めて考えると私は挫折の連続だったんだと先日思い出した。
そう、最近は社会人となり何とかやって行けていたり、思考がプ
ラスになってしまっているので昔のつらい経験は思い出さないと
マイナス的に思い出されない。
例えば中学校。
近くの国立付属中学がある。同級生が同じ住宅地で3人にて
私だけ入れなかった。一応くじ引きだったが、小学生なりにショック
を受けた。

それ以外の挫折もオイオイご紹介するとして
先日もどっかーんという想定外の挫折をもらった。

挫折をしたらプラスに捉えるというのがプラス思考関係
の本かもしれない。
しかしそれはそれでいきなりできない。人間挫折はするもの。
なのでいっそのことどっかーんと思いっきり底まで落ち込んじゃう。

もう這い上がってこれねーってくらい落ちる。
むしろ底に向かって全速前進しちゃう。
早く底つかないかなーってくらい。

で底から這い上がる。
底までが遠いほど底から這い上がるパワーは強くなる。
底までの深さと這い上がる高さを反比例させる!

そして今度は上に向かって全速前進!
そして突き抜ける。

底に全速前進している時点で実は相当前向きかもしれない。
そしてそれがリベンジャーへの近道かもしれない。
リベンジは人にするものではなく、自分にする。
次はもっと高みに上がってやる!
そう思いながら挫折をしたら底まで全速前進!
そして底から猛ダッシュ!

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/312

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年8月 9日 23:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リアリティを手に入れるたった一つの方法」です。

次のブログ記事は「ありがとうを言われようと思う人は言われない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ