弘法に近づくために道具は拘れ

| コメント(0) | トラックバック(0)
お客様の寛大な計らいでお時間を頂き
東京事務所で終日仕事ができました。
ありがとうございます。

そして
東京での昼礼に初めて参加しました。
昼礼とは朝礼でも夕礼でもなく、お昼にやる
社内連絡とクレドです。

東京大阪とあるので、スカイプで繋いで実施しています。
大阪で参加していたのですが、今日初めて東京で参加し
ました。

はっきり言って大阪の音が全然聞こえないのです。
特にT君の声。

いつもスカイプの画面を大阪から見ていて何か伝わって
ないなーと思っていたのですが、それはそうだなと思いま
した。そもそも聞こえない。

問題はそれを放っておいてる状態です。

また別の問題ですが
東京事務所の机で終日仕事をしたんですが
LANケーブルが短く仕事がしにくい!

昼礼終了後速攻でビックカメラへ。
そしてLANケーブルを購入し早速つけかえました。

スカイプ用のスピーカーは購入を指示。

弘法、筆を選ばずとのことですが
僕らは弘法じゃない。
むしろ道具に頼ってでも弘法に近づく必要がある。
そして弘法の領域を知り、弘法ベクトルを磨く。

弘法を目指すなら仕事をする道具には拘りを持ってほしい。
弘法を目指すなら仕事がしやすい環境作りに拘ってほしい。
しにくい環境のままやり続ける非効率さ、実に恐ろしいこと。

全部は満たせないけど少しずつ仕事環境を整えていこうよ。
そのためのちょっとしたものはどんどん要望しよう。
そして弘法となってお客様の役に立ち、世の中の役に立てば
良いよね。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/302

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年8月 4日 00:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ちっちゃく一応ご報告」です。

次のブログ記事は「グリーンカード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ