日本の縮図

| コメント(0) | トラックバック(0)
月1回、東京と大阪のメンバーが集まる日の夜は、飲み会。
その場での会話の一場面でちょっとオタクな話になっていった。
どういうベクトルかというとアキバ系?というのかライトノベル系というか
とにかく私にはない世界の話へ。

私と取締役は全くついていけず

「うわー」

という感じだったが、いわゆるそっち系の話に乗れるメンバーが
実は9人中4人もいた。

もしかして

「うわー」

と言われるのは私たち側になりうる数だ。
一体全体世の中、今の若者はどうなってるんだろ?とか言い出したら
確実におっさんなわけだが、冷静に考えるとこれは日本の縮図なんで
はないかと仮説立てて見た。

今や秋葉原は東京でも大きい都市のひとつで若者が闊歩する町の一つだ。
外国人も多い。

「そっち系」の市場規模も相当大きいだろう。一つの産業になっているといっ
ても良いのかもしれない。うちのISO市場によりも確実に大きい。

「そっち系」を理解するかどうかは別にして、社会の中である程度の
パーセンテージ、それも5割に達しないが決してマイナリティーではない
数値で存在することは認識する必要はあるんだろうと思った。

ついていけるかどうかは別にして一度トライもしてみようかと思う。
よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/294

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年7月29日 23:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「引き出しを短期間で圧倒的に増やす方法」です。

次のブログ記事は「初体験は楽しませる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ