張り紙の館

| コメント(0) | トラックバック(0)
我が家が地デジ化され、「d」ボタンを上の息子が
押しまくる日々です。
上の息子は天気予報が好きというか天気予報を
解説する気象予報をする人のまねごとが好きで、
天気図を「d」ボタンで出しては、テレビの前に立ち
天気の解説をしてくれます。

「d」ボタンも一通り触りまくった後に息子が突然

「カナダは?」

と言いだしました。
ん?カナダ?カナダのことか?

次は

「フライス(フランス)ってある?」

突然どうしたんだろと思っていると
良く考えたらうちのトイレには世界地図
が貼ってありました。

どうやらカナダやフランスはカタカナなので
読めるらしく、それらの国の天気を見たかっ
たようだ。

最近掲示するとそれを息子が覚えるということ
に味をしめた我が家は今日はアナログ時計
の長針の読み方を掲示した。
アナログ時計の真横に張り出されている。

これまでどうやって教えようか悩んでいたのが
うそのようにあっさり覚え始めた。

しばらく我が家の壁は張り紙だらけになりそうだ。

張り出しているがなかなか上達しないものが唯一
あり、本当はもっと上達してほしいのが足し算だ。
くもんの学習ポスターを張り出してあるが、未だに
足し算は指を使わないとできないし、使ってもまだまだ
間違いが多い。

できれば数字に強い子になってほしいのだが。
どうやったら足し算を楽しく、しかも早く計算できるように
なるかも模索したい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/284

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年7月24日 22:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メディアとリアルをつなぐメールとネット」です。

次のブログ記事は「闘う土俵を間違えない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ