メディアとリアルをつなぐメールとネット

| コメント(0) | トラックバック(0)
・テレビを見ていると気になる情報が出てくる。
・町を歩いているときになる看板を目にする。
・電車に乗っていると目に止まる広告がある。

そんなときどうするだろうか?

私は後でネット検索し調べる。
そしてそれをサポートするのが携帯メールだ。
気になった情報は自分のPC宛てに携帯から
メールする。

今日は3件のメールを飛ばした。
・近くにある自動車販売店がどうやら格安レンタカーを
 やっている風の看板が掲げられていた。
・ムシコナーズのテレビCMを見ていて
 「こういうおばちゃんってどうやって集めるんだろう」
 と思い、メール
・NHKを見ていて気になる情報が2件ありメール。

メールをするのは検索するためだが、最終ゴールは
そこではない。最終ゴールはそれを利用するためだ。

レンタカー屋さんはできれば使ってみたいし
おばちゃんの芸能事務所ってあるんだろうか?
なければ立ち上げてみるのも面白いと思ったし
NHKの情報の2件のうちの1件は行ってみようかと思っ
たのでその下調べ的な要素で検索した。

気になることを気になるままにしておくのではなく
使う前提で調べてみることってビジネスを磨く上で大事だな
と思う。

そして手元にはいつも携帯電話を携帯しているわけだから
それを使わない手はない。

気になったらまずはメール
そして検索
さらに利用
その積み重ねでビジネスの経験値をあげていけたらと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/282

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年7月23日 22:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「非効率をやり続けるか効率をあげる方法に変更するか」です。

次のブログ記事は「張り紙の館」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ