心地よさの壁

| コメント(0) | トラックバック(0)
弊社ではいまだに2005年のサイボウズというグループウェア
を使っている。
社内のファイルサーバに入っている。
ファイルサーバは私の机の隣にあり、よく

「ブオーン」

とすごい勢いでFANの悲鳴をあげている。
一応10アカウントまで使えるため、これまで使ってきたが
いよいよ10アカウントでは足りなくなる。

スケジュールはgoogleカレンダーにしてあとはメーリングリスト(ML)
で良いかなと思っていた。それかアップスか。
そう思いながらMLで今のような内部間とか一体感とか得られるだろうか
と漠然と思っていた。

以前から気になっていたサービスにサイボウズLIVE!がある。

サイボウズLIVE!
https://cybozulive.com/

新幹線で移動がてら、「さらっと」触ってみた。
サイボウズがいつもすごいなと思うのは、この
「さらっと」触らせて、いつの間にか手放せなくなる
ところだ。

そして「さらっと」のつもりがどんどん各種設定を試していく。
試せてしまう。

ユーザーを招待し使ってもらう。

予想通り高評価。

すぐに変えたい!

という要望まで。
実際は回線の速さによる軽さ+これまでサイボウズを使っていた
ユーザーインターフェース(UI)が一緒であるため快適なんだろ
うと思う。

しかしこの「快適」というのは意外に厄介なもので、一度快適ゾーン
に入ってしまったものは簡単に抜け出せない。

節電と言われても汗だくで夜寝ようとは思えないように。

快適さの厄介さはさらに主観的であることだ。
それがベストでなくても慣れによって快適な領域になる。

所謂デファクトスタンダードはそんな世界だろう。
パソコンのキーボードの配列の話やWindowsなんかのUI
は有名な話。

そしてサイボウズを使っていたわが社ではサイボウズLIVE!
は本当に快適だ。

多分NOTESとかその他のグループウェアに移ることはないんだろうな
と思った。

実際にはサイボウズのメッセージへの返信時の引用のしにくさとか
そういう小さな不満はあるものの、それが理由で他に移るほどの衝動
にはかられない。

入りやすく出にくい壁とはまさにこのことだ。
うちのサービスでも、私個人としても快適さ、心地よさについて
もっと考えたいと思った。

p.s.
今月中にはサイボウズLIVE!に移っちゃおうかな

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/230

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年6月24日 01:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「非効率なことを何回かやりながら効率化を図る」です。

次のブログ記事は「信頼には興味を示せず怪しさでは決まらない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ