見えるようにするだけ

| コメント(0) | トラックバック(0)
息子が絵本を欲しいというのでなんばの旭屋書店へ。

「あ、これ反対からも読めるんやで」
「あ、これけがするんやで」

保育園で読んでもらっているのか、良く絵本を知っている。
その場で絵本を読みだした。
読んでいる字を見ているとカタカナが登場。
カタカナの50音の掲示物は家に張ってあるが、シマジロウ
でも保育園でもまだ本格的には習っていないはずだが、読
めるんだろうかと思っていたら

さらっと読んだ。

へー、単に掲示してあるだけなのに。
これに気を良くした私は、早速足し算の掲示物をトイザらス
で購入。足し算も指を使ってできるようだがもうちょっとスピード
アップさせたいなと思っていたところ。
さてこれで何カ月か後にはスラスラできるようになるだろうか。
どんどんリビングには掲示物が増えてきた。
ひらがな、カタカナ、足し算。息子は漢字も欲しがってた。

そういえば日本地図も張ってあった。出張が多いので
電話で話すときに覚えさせようと思って買った。
北海道や沖縄などの南北の端、私の実家がある長野、
出張が多い東京、家から近い奈良などいくつかは覚えたようだ。

会社には目標とか目標の進捗とかが掲示されているが
これってもしかして物足りないのでは?と思った。
目標とか進捗ってあくまでも結果であって達成するためのプロセス
じゃない。現状把握にはなるけどそこからどうするかは委ねてしま
っている。

目標を達成するための行動を共有する掲示物の方が良いのかもし
れないなと感じた。
どんな行動を見えるようにしたら良いだろう?

あ、今日買った絵本です。

わにわにのおおけが (幼児絵本シリーズ)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4834025446/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=supernm-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4834025446

三びきのやぎのがらがらどん―ノルウェーの昔話 (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4834000435/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=supernm-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4834000435

絵本、意味がわかるものが多い中でこの二冊は
何が言いたいのかあまり分からなかったです。
私の読解力の問題かな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/204

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年5月29日 22:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「配置換え」です。

次のブログ記事は「ゴキブリとコオロギの違いかあ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ