ベネッセの勝算はあるか?

| コメント(0) | トラックバック(0)
暖かい季節。家族で天王寺動物園へ。

入るとすぐにスタンプラリーの案内。
配っていたのはベネッセコープレーション
と書かれた黄色いジャンパーを着た人だった。

スタンプを2か所で押すとスタンプラリーは終わり。
ゴールのアシカのところへ。

ベネッセがやっているということで
紙を見ると連絡先を書く欄があった。

プライバシーマークのマークもあった。

簡単なアンケートから考えると
どうやら英語の教材につなげたいようだ。

動物園への来訪者から英語教材への転換。
私には全く想像ができない転換。
ベネッセはこの試みはどの程度の勝算なんだろうか
過去にもやったことがあるんだろうか?
どの程度転換しているんだろうか

とりあえす連絡先、子供についての情報を記入。
どんなアプローチをしてくるのか非常に楽しみだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/190

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年5月15日 21:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワーク・スタディ・ファミリー・ソーシャルバランス」です。

次のブログ記事は「マーケティングの限界を知る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ